占いツクール
検索窓
今日:75 hit、昨日:341 hit、合計:138,173 hit

・15 ページ15

サバナクローではラギーがレオナの洗濯物を干し、その隣ではAがちょこちょことお手伝いをしていた。





ラギー「いやぁ、助かったっすよ!Aくんは王子様なのに働きもんっすね〜」

A「お洗濯って楽しいね!」

ラギー「お、そうっすか?楽しいと思えるんなら良かったっすよ。でもまぁ、王子様ならする機会ないでしょ?」

A「ん〜…ない!」

ラギー「あはは。そりゃそーっすよ。」





パンっ!と小さなタオルのシワを伸ばしてはラギーに渡す。その作業だけでもラギーにとってはすごく助かっている。





ジャック「ラギー先輩!これ、新しいのっす!」

ラギー「おー、ありがとね〜その置いといてくれる?」

ジャック「うっす!」

A「ジャッくん力持ち!」





たくさんの洗濯物を一度に運んでしまうジャックを前に、Aはキラキラとした眼差しを向ける。





ジャック「お前も沢山トレーニングすればこのくらい楽勝で持てるぞ。でも、今は成長期だからもうちょい大きくなってからな。」

A「うん!ぼく、たくさんたくさんトレーニングして、強い騎士になるんだ!」

ラギー「あれ?お兄さんみたいになるんじゃないんすか?」

A「お兄様みたいになりたいけど、強い強い騎士にもなりたい!」

ジャック「なりたいものが沢山あるのはいい事だな。」





普段野蛮な生徒しか居ないこのサバナクロー。こうしてたまに来る天使に癒される2人はほのぼのとした空気のまま洗濯物を続ける。





レオナ「ラギー。いつまで干してやがる。」

ラギー「どっかの誰かさんが溜め込んだんでしょうが!!」

A「レオくん!お洗濯楽しいよ!」

レオナ「あ?あー、そうか。良かったな。ごせいがでますね王子様。」





よしよしと頭を撫でられAは嬉しそうだ。





A「でもね、レオくん。洗濯物は出さなきゃ!ラギくん困っちゃうよ!」

レオナ「あ?」

A「お洗濯してくださいって言わなきゃ!お手伝いしてくれる人にはお礼を言いなさいってリリア言ってた!」

ラギー「あっはははは!レオナさんが説教されてる〜!」

レオナ「ラギー!うるせぇぞ!」

ジャック「A…お前すげぇな。」

A「?????」





どっちが子供かさっぱり分からない。しかし、Aの方が怠慢な王子様よりもしっかりしている事だけは確かだった。

・16→←・14



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
329人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

フロイドの嫁(プロフ) - ・6 ページ6のジェイド「えー、俺泳ぎてぇ〜」の所ジェイドではなくフロイドではないでしょうか? (12月17日 11時) (レス) id: 84675eb1ef (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - ?mi?さん» 至って健康です!!安心してください!(?) (12月1日 11時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
?mi?(プロフ) - 更新されるのが楽しみすぎて夜しか寝れませんっ!! (12月1日 4時) (レス) id: 9bb4cee45f (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - 赤狐さん» おはようございます……こちらショタへの入口となっております(?)(語彙力) (11月30日 22時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
赤狐 - ヤバい。     ショタに目覚めそう、、、、、、、、 (11月30日 20時) (レス) id: b89caa16cb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花蛸花 | 作成日時:2020年11月24日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。