占いツクール
検索窓
今日:45 hit、昨日:192 hit、合計:24,050 hit

31:耳フェチ【瀬名泉】 コメント感謝話 ページ33

.



しゅるしゅると耳を撫でられる音がする。
それと同時にくすぐったさに襲われて、身をよじってしまう。


「いず」
「…」
「…はぁ」


彼氏の泉が、私に対してだけ見せるクセ。考え事をしているとき必ず私の耳たぶをいじる。
初めてされたときに「くすぐったいからやめて」と言ったけどこのザマだ。
話しかけても上の空で遠くを見ながら足を組んでいる。
動こうとすると、耳から手が離れるのが嫌で怒るから手も足も出ない。

仕方なくされるがままにじっとしていたりスマホをいじっていると、
奥のほうまで指でなぞられて思わず変な声が出てしまった。


「いっ、泉!」
「…何。はやく座ってくれる?」
「今のくすぐったいからやめて!」
「? いつもくすぐったいんじゃないの…? いいから座って」


それはそうだけど!と反論するも軽く睨まれたので情けないことに彼の言うことに従う。
すとんと腰を下ろしてスマホに集中する。
出来るだけ触れられているという事実に気が向かないように。

だというのに、人がせっかく気を紛らわしているというのに、
泉はまた耳の奥を容赦なくなぞってくるので熱がじわりと溜まってくる。
同時に泉の視線も感じるので、恥ずかしさはもう限界まで達しそうだ。


「耳真っ赤だねぇ」
「あんたのせいでしょ…!」
「ほんとAって可愛い。ね、ゾクゾクする?」


ふっと息を吹きかけてきて、意地悪く質問をしてくる。
しないわけないでしょ、と返事をすればさらに吐息がかかってきた。


「アンタのせいで考え事吹っ飛んだんだから、責任とってくれるよねぇ?」
「はぁ?! 勝手に耳いじってる自分のせ__はひ…っ!」
「ふふ、かーわい♪」


吐息がかかってきたかと思えば、すかさずねっとりと舐められた感覚がした。
ちゅっとキス音も聞こえてきて羞恥心はすでにキャパオーバー。
顔に熱があつまり、ずきずきと頭が痛む感覚さえ襲ってきた。


「も…やめてください……」
「…ちぇ、これからだったのに」
「しんじゃうからだめ」
「死にゃしないよ。ま、そういうとこも可愛いけどねぇ」


ごめんねぇ、とぎゅっと抱きしめられる。
泉の香りに包まれて、熱すら冷めないものの、少し冷静になれた気がする。
赤子をあやすように、「良い子良い子…♪」と頭を撫でられた。


「……徐々に耐性つけてくしかないか」
「…いず、聞こえてるんだけど」
「んふふ、期待してるからねぇ…♪」


意地悪な泉も嫌いじゃないけど、慣らしてかなくていいから。



.

32:教会の悪魔【月永レオ】→←→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (111 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
138人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

くるみ - こんにちは!レオくんの話すごく切なかったです。幸せな話もまた読みたいです!これからも頑張ってください! (6月27日 13時) (レス) id: 1520c09c44 (このIDを非表示/違反報告)
さゆな(プロフ) - レオのアンドロイド切ない… (6月25日 20時) (レス) id: a613cbb65f (このIDを非表示/違反報告)
(名前) - 初コメ失礼します!レオくんのケーキとフォークの話がとても切なくて少し悲しい気持ちになりました。読み手をそういう気持ちにさせられるってすごいと思います!応援してるので頑張ってください! (6月3日 22時) (レス) id: fe02a3a839 (このIDを非表示/違反報告)
サラダ油 - adoraさんの書くせないず可愛くて大好きです!更新いつもありがとうございます…!これからも頑張ってください!! (5月21日 6時) (レス) id: bc4ed3887c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:adora | 作者ホームページ:   
作成日時:2019年4月24日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。