占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:133 hit、合計:15,884 hit

ページ10

有岡side

裕翔が知念と話して知念が何か知っているらしかった。



知念がこっそり山田の机の引き出しを開けると封筒があった。



それを俺に渡してくれた。



有「…山田…涼介様…か…」



光「あれ?それ俺見たよ?」



知「ひか!?大丈夫なの!?」



光「波があるみたいでな…俺の場合は(笑)」



ひかはすごい頭痛がするらしい。



おでこに冷えピタを貼っておれの布団の横に座った。



今リビングに布団を敷いてもらってる。



俺の横では伊野ちゃんが眠ってる。



可愛い寝顔だよまったく←



有「ねぇ…どんなんだったの…?」



光「さすがに中身は見てねぇよ…(笑)でも、封筒だけじゃなかった。中身はあったはずだぞ?」



たしかに…



ぼやけた視界で見てみるものの山田にしては雑に封筒を切っている。



知「大貴メガネ外さないの?」



有「メガネないと生活できねぇから(笑)」



中「コンタクトは難しいよね笑それはそれでもえるけどさ」←



岡「裕翔くん状況考えて…」←←



知「でも、ひかが言ってることは正しいと思う。涼介、夜な夜な僕が寝たのを確認してからその封筒の中身を読んでたし…」



みんなで考え込んでいても拉致があかなかった。



有「くそ…涼介が…どこに行ったか…わかれば…」



?「わかるよぉ〜?」



全「えっ!?」



俺の横でめをこすり大きくあくびをしている人物。



伊「⦅眼⦆使えばね?」



光「まて、伊野ちゃん大丈夫なの?」



伊「ん?あ、おはよ〜」←



光「ちげーよ!会話成立してねぇわ!!!でもおはよぉ!」←



有「……でも、どうして…」



伊「なんか目…覚めちゃって(?)」←



中「くふっ…伊野ちゃんらしいわ笑」



伊「山田…どっかいったの?」



有「うん…」



光「気になるよな…」


薮「おは〜」



光「!?薮!?大丈夫なのか!?」



薮「さっき目が覚めた…」



伊「俺とおんなじタイミングだな…山田となんか関連してそうだけど…大ちゃんは?どう?」



有「寒気が…ひどいっ…」



光「湯たんぽもってこようか?」



有「ごめっ…お願い…」



光「これぐらい大丈夫だよ」





みょーに優しいひかるくんに少し戸惑ったけど、俺が病人だからかなぁ?←

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
60人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , 能力
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

くーちゃん(プロフ) - りほさん» なんでやねん笑 (12月8日 1時) (レス) id: f70e29d442 (このIDを非表示/違反報告)
りほ - そういえばこないだこけたw (12月7日 16時) (レス) id: 6632e5a6b8 (このIDを非表示/違反報告)
くーちゃん(プロフ) - りほさん» そうよー!やけん絶対大丈夫さ! 布団入るー!寝るー!おやすみぃ…← (12月7日 8時) (レス) id: f70e29d442 (このIDを非表示/違反報告)
りほ - よし、寝よう!さあ、布団に入って〜!ww (12月3日 21時) (レス) id: 6632e5a6b8 (このIDを非表示/違反報告)
りほ - あああああありりりりりがががががととととーーー!そうやね、大ちゃんが助けてくれるよねー! (12月3日 7時) (レス) id: 6632e5a6b8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:くーちゃん | 作成日時:2019年10月18日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。