占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:110 hit、合計:112,437 hit

165. ページ18

.









アメコの新作コーヒーを持って事務所の裏口から入って来たのは、紛れもなく私の王子だった。

たまたま近くにいた時に扉開いた。やだ運命?




お昼に食べたおにぎりの海苔、付いてないかな
歯磨きしたし確認したのに隼くんを目の前にすると、急に自分に自信を失くす





隼『 もう仕事? 』


「 ううん、まだ大丈夫 」


隼『 なら、ちょっくらゆっくりしましょうよ 』


「 賛成です 」


隼『 これあげる、期間限定なんだって 』






小さな紙袋から、可愛らしいヘキサグラムのクッキーを1枚、私の手のひらに渡した

…クッキー……隼くんがくれたクッキー…しかも可愛すぎるクッキー………トリックオアトリートって言葉が似合いすぎる隼くん…






隼『 クッキー、好きじゃない? 』


「 えっ?ううん!大好き! 」


隼『 何ぼーっとしてんの 』


「 ううん、可愛いから見惚れてた 」





…隼くんにだけど。





隼『 …亜嵐くん達のこと考えてんのかと思った 』


「 あー、うん、もう私が出る幕じゃないんでしょ… 」


隼『 おっ、なーんだ、よく分かってんじゃん 』


「 …隼くんに言われたんだよ 」


隼『 響いてたんだ 』


「 響きました 」





ふーん、って黒いストロー咥えてもう興味無さそう。





隼『 なんですか?飲みます? 』


「 や、いいです 」


隼『 あ、関節キス嫌なんでしたっけ?潔癖症? 』


「 …もう辞めましょうこの話 」


隼『 そ?じゃあ俺行きますわ 』


「 あ、お仕事頑張ってください 」


隼『 そちらこそ、頑張ってくださいね、桃田先輩。 』





隼くんって、嵐みたいだよなぁ…一瞬で全部ぐちゃぐちゃにしていく。


好きの大洪水。









.

166. side R→←164. side H



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (204 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
850人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 小森隼
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しおり(プロフ) - ずっとずっと両片想いだった2人がやっと意思疎通できましたね(TT) 腕掴んだところからの隼くんがすっごくかっこよかったです、、 そしてなーちゃむさん、おきめすお疲れさまでした!これからも楽しみにしてます^^ (4月20日 19時) (レス) id: a5d5cf03d8 (このIDを非表示/違反報告)
こもりす(プロフ) - わわわ、ついに!!(〃▽〃)すごくキュンキュンしました!! (4月19日 23時) (レス) id: 0ea86e4b3c (このIDを非表示/違反報告)
美咲(プロフ) - このお話大好きです!隼くん可愛すぎて独り言言いながら見てます(( 忙しいと思いますが、更新楽しみにしています!! (4月18日 2時) (レス) id: ff8702237c (このIDを非表示/違反報告)
まい - 久しぶりの更新ありがとうございます。楽しみにしてました!相変わらずの隼くんで嬉しいです。 (2月20日 22時) (レス) id: 78a8f8d000 (このIDを非表示/違反報告)
2e2r2k(プロフ) - 久々に更新したとおもったら、こんな感じですか。 (1月17日 6時) (レス) id: 65da477085 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なーちゃむ | 作成日時:2017年9月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。