占いツクール
検索窓
今日:81 hit、昨日:131 hit、合計:37,128 hit

160. ページ13

.









コピー機の前に2人、私と遥さん

隣にいた遥さんから、今日の夜ご飯のお誘いをいただいた






「 今日ですか?いいですよ、全然 」


遥『 …え、なんで先輩から誘ってんのにお前の方が上からなの? 』


「 じゃあいいです 」


遥『 駅前に新しく出来たイタリアンカフェなんだけどさ〜? 』


「 行きます、行きたいです、行かせてください。 」






この前りんちゃんに教えて貰ったお店、調べたら可愛くて美味しそうでずっと行きたかったお店

遥さんに1本取られた感。






遥『 青山も行くかね? 』


「 聞いてみますね 」


遥『 あれ、そーいえば、昼青山と一緒だった? 』


「 いや、隼くんと一緒でした 」


遥『 あ、普通にわりぃ 』


「 …大丈夫です、全然 」






そういえば、隼くんひとりにして来ちゃった

お会計任せちゃったし、申し訳ないことしちゃったなぁ。



後でお礼言わないと









.

161. side H→←159. side H



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (88 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
636人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 小森隼
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆらら(プロフ) - この物語ほんとに好きです!!更新いつも楽しみにしてます!頑張ってください!! (9月19日 0時) (レス) id: 2a1bcd5b7e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なーちゃむ | 作成日時:2017年9月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。