占いツクール
検索窓
今日:209 hit、昨日:136 hit、合計:34,037 hit

:::94::: ページ5

.







クムユ「あんた、分かってんの?







別に責める気はないわ、だけどね!

Aが居ないことに気づいたんなら今からするべき行動は分かるでしょう!!!」






私はそれだけをアレンに言い放ち店を出て、村長の住む家に向かって車椅子を走らせた






車椅子でこんなスピードを出したのなんて、初めてのことかもしれないわ







どうか、どうか、何事もなく無事でいて...!









.









.









__バァンッ!!








クムユ「村長さん!」






村長「これクムユ!扉は優しく開けなさいとあれほど言ったではないか!!」






クムユ「今はそんなことを言っている暇なんてないの!
大急ぎで村のみんなを集めてちょうだい!」






村長はクムユの焦り具合が異常であることに気が付いた








村長「...何があったんじゃ」







クムユ「Aがッ...Aが帰ってきていないの!」






.

:::95:::→←:::93:::



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (51 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
283人がお気に入り
設定キーワード:ONEPIECE , ワンピース , 白ひげ海賊団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白凪 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/hsn145sfam1/  
作成日時:2019年10月19日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。