占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:6,112 hit

本気で怒らせてはいけない 2 ページ29

「あれ?つーかさ、何で2人が一緒にいるの?兼近、今沖縄じゃないの?」

『あ、一昨日帰って来ました』

「あぁ、なるほど。お帰り」



ここ一週間でEXITや他の皆のTwitter眺めてたけど…
俺も歩きたかったなー、レッドカーペット。


いやそんな事よりも…




「悪いねー、いきなり電話しちゃって。直接話した方が早いと思って。で、Aがどうした?話せる状態じゃないって」



『い、いや…それが…その……』



「……ん?」




兼近の様子も変だな。
Aの代弁をしようとしたんだろうけど…

多分、A程ではないけど…兼近も精神的に?上手く話せる感じではないのか?







「…とりあえず、話聞くわ。今ってどこにいる?」







==================





はい、で…現在に至ります。




2人が今いる場所と周辺にある店を指定させ、待ち合わせする。
…俺の自宅から割と遠い場所にいたんだな、2人。




とりあえず飲み物とつまみを注文する。
…Aは俺の事情を知ってるからともかく、兼近があえて野菜系を選んだのには驚いた。



偶然か…?それとも…



……いや、そんな事はどうでも良いか。





「で、何かあったの?」



「………実は、Aさん…ナダルさんを怒鳴り散らした…らしいです」


「あ…?」




話の内容はこうだった。



まず、この問題は先週沖縄で起きた出来事で

元々の問題は兼近…というよりも
兼近と一緒にいた3人が起こしたプチ事件だった。



その3人とは…


霜降り明星・せいや
ミキ・亜生


そんで…



コロチキのポンコツ野郎…ナダルだった。




「…どうせアイツがまた何かやらかしたんだろ?」


「はい…ナダルさん、せいやさんに所謂差別的な発言をしまして…
その事に亜生さんがキレて、大喧嘩したんですよ。
俺とせいやさん、何も出来ませんでした…」



「へぇ?あの亜生が…?」




驚いた。
いっつも笑っててルーズで、比較的大人しい方だと思ってたから。


アイツもキレるんだ…


ま、こんな俺にもグイグイ話しかけるぐらいだから今更か。
それに、前々からお笑いに対しては熱い奴だなーとも感じてたし。



でも…




「………」




「じゃあ、この問題って3人…まぁその場にいた事を考えれば、お前ら4人の問題じゃん。

ましてやA、沖縄にいなかった訳だし…関わりようがないじゃん。

…何でウチの相方が巻き込まれてんの?」



俺は、未だに落ち込んでるAを見ながら聞いた。

本気で怒らせてはいけない 3→←本気で怒らせてはいけない 1(仁 side)  ※注意書き必読



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (7 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:芸人 , 番外編 , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

氷柱(プロフ) - 椿さん» コメントありがとうございます!とても励みになります!これからも頑張りますのでどうぞよろしくお願いしますm(__)mもしリクや出して欲しい鯨/任さん等のご要望があれば気軽にコメントにどうぞです(*^-^*) (6月4日 5時) (レス) id: fe9f990ab3 (このIDを非表示/違反報告)
椿 - いつも楽しく拝見させていただいております!お話とっても面白いです(^ ^) (6月4日 1時) (レス) id: 25f5dbf747 (このIDを非表示/違反報告)
氷柱(プロフ) - test (5月3日 20時) (レス) id: fe9f990ab3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:氷柱 | 作成日時:2019年4月26日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。