占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:13 hit、合計:61,881 hit

溶解《ツリメ》 ページ22

「みっくん」

名前を呼べば、彼特有のふわふわスマイルで振り返り、"なぁに?"と呟く。
いつも天使みたいな彼の笑顔に、私の胸はやられっぱなしだ。

「なんでもない」

そう言えば、"そう?"なんて、視線は私から逸らされる。
一体、その瞳には何が映っているのだろう。
誰が…映っているのだろう。

(それが私であればいいのに)

なんて高望みは、しないでおく。

「みっくんって、何考えてるか分かんないよね」

「えー?」

彼の独創的な思考には、いつも驚かされているが、未だに彼が何を考えているのか全くもって分からないのだ。
良くいえばミステリアス。
悪くいえば、変わってる。

でも、そんな彼に私は惹かれてしまう。

何故だろう。
そう自分に問いた所で、答えが出そうにもないので、考えるのをやめた。

「何考えてるか、当ててみてよ」

その大きな瞳が私を見つめる。
ぷっくりとした涙袋に、スッと通った鼻筋。
整った彼の顔に、ドキリと心臓が音を立てた。

「んー、今日暑いなぁとか?」

「ぶぶー」

口の前でバッテンを作る彼の姿が、可愛らしいな、なんて言えない。

「動画の事とか?」

「んー、まぁそれもあるけど…」

語尾を濁して口篭るみっくん。

"ん?"と首を傾げると、すぅっと深く深呼吸をしてから、口を開いた。


「ずっと考えてるよ、Aのこと」


「えっ」


またまた、輝く天使スマイル。
まるで、本当に天使なんじゃないかと錯覚してしまうほど、その笑顔は、
可愛くて、かっこよくて、爽やかで、私を魅了する。


「Aのこと、頭から離れない。」
「俺Aのこと好きだよ」


二人の鼓動がシンクロする。
彼の甘い言葉に、もう私の頭は溶けてしまいそう。

"好き"というたった二文字に、これ程の破壊力があることなど知らなかった。









でもそれはきっと、私が恋する貴方だから。

せんせい。《カンタ》→←present for you《そらちぃ》



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
276人がお気に入り
設定キーワード:Youtuber , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

クロハ(プロフ) - ありがとうございます…最高です… (8月7日 14時) (レス) id: 6a4238f2b9 (このIDを非表示/違反報告)
ゴリラ - ありがとうございます(´;ω;`) (8月4日 18時) (レス) id: 874f7f8e04 (このIDを非表示/違反報告)
瀬名(プロフ) - クロハさん» わかりましたー! (8月4日 15時) (レス) id: b502a9e7b5 (このIDを非表示/違反報告)
クロハ(プロフ) - またまた失礼します(*´-`)エイジ君で甘めなのお願いできますか? (8月4日 2時) (レス) id: 6a4238f2b9 (このIDを非表示/違反報告)
瀬名(プロフ) - 翡翠さん» 本当ですか!そういっていただけて嬉しいです。これからも応援よろしくお願いします! (8月1日 20時) (レス) id: 60b5c0e445 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:瀬名 郁 | 作成日時:2017年4月7日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。