占いツクール
検索窓
今日:216 hit、昨日:213 hit、合計:167,599 hit

じゅういち ページ12

.









咲「じゃあ、わたし抹茶パンケーキで。」







抹茶クリームがたっぷりかかった表紙であるパンケーキを指差してそう言う咲。









樹「俺はホットサンドにしよう!」







樹くんがそう言ってメニューを閉じた。






松村さんがベルを鳴らしてくれる。


すると、すぐに店員さんが来てくれた。あ、結構イケメン。








渡辺「はいはーい、注文ですか?」



『あ、はい!』






軽い調子でそう言う彼に、私はすこし吃りながら返事をした。







『えっと、抹茶パンケーキを2つと、


ホットサンドを1つ、で。


飲み物はカフェオレとブラックコーヒーとアイスココアで。』






淡々とメニューを伝え、注文を終える。






店員さんはピッピと機械を打ち終わると、よし、といった。







渡辺「以上でよろしいですか?」




『はい』



渡辺「少々お待ちください。あ、お姉さん、ちょっと」







その場を離れようとした時、彼が思い出したように立ち止まって手招きをした。






…わたし?





『へ、わ、たしですか…?』





そう聞くと、店員さんはにっこりと微笑んだ。口元がシナモンみたいで可愛らしい。





というか、何の用だろうか。



知り合いだったかな、なんて考えながら席を立つ。








北斗「Aちゃ、」






その時、不意に腕を掴まれた。






振り向き越しにあう松村さんの目に、少し体が火照ったような気がした。









『どうしたんですか?』





首を傾げてそう聞くと、彼は頭をかいて落ち着いたように言う。





北斗「…ごめん、なんもない。」







そう言って静かに前に向き直る松村さん。




私は頭にはてなを浮かべながら、カフェテリアから出る。





そこにはさっきの店員さんが居た。








渡辺「あ、よかった来てくれた」





柔らかく笑う彼に、仲良くできるかも、という淡い期待が生まれた。









.

じゅうに→←じゅう



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (276 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1464人がお気に入り
設定キーワード:松村北斗 , SixTONES , ジャニーズJr.
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

つくも(プロフ) - ぽむりんこむさん» ほっくーん?何で知ってるのー?w誰目線だよw (11月16日 22時) (レス) id: 133d970256 (このIDを非表示/違反報告)
ぽむりんこむ - つくもさん» だーよーねー私もやだ(え) (11月4日 13時) (レス) id: 77570be88d (このIDを非表示/違反報告)
つくも(プロフ) - うわー…こんな母親絶対ヤダ! (11月3日 19時) (レス) id: 2dbd3a86f8 (このIDを非表示/違反報告)
ぽむりんこむ - つくもさん» 待ち遠しかったね (11月3日 17時) (レス) id: 77570be88d (このIDを非表示/違反報告)
つくも - 別垢→本垢 わぁーいやっとくっついたぁぁー(^^) (11月1日 19時) (レス) id: 28bca7f31f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽむりんこむ | 作成日時:2019年9月29日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。