占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:30,595 hit

一九章『地獄』 ページ24


――憎い。怖い。痛い。
――許せない。呪ってやる。
――悪鬼どもめ。

館の前の池にたどり着いたら。そこにはいつもある清涼な気や大鵬の神気はなかった。
変わりに、赤くどす黒い色にそまっていた池から、そんな怨嗟の声が聞こえた。
もう、喋ることの叶わない人の声。
それから。
この山や池に住んでいた生き物たちの声。
山……自然の声。
全ての生あるものの憎しみが、混ざり合っていた。

……人は神様を恐れ、山を焼いた。
その炎は、神様だけじゃない。辺りに住まう鳥や獣も焼いた。
人は神様を消そうとした。
その代償に、山の生き物の恨みを買った。
その恨みが瘴気となって辺りに立ち込めていた。
瘴気は人を祟り、何人かを池の中に引きずり込んだのだろう。

人も山の生き物もお互いを恐れ、憎む。
その気持ちが空気に交じって、ピリピリと肌に刺すような痛みが走った。
青蘭がくれた榊のおかげで、私は瘴気にあてられなかったけど。
それでも痛かった。

「……青蘭、大丈夫?」

雲進を降りて、館に入る前に私は守り役の少年を見た。

「――あぁ」

頷いた声はかすれている。
彼の顔にはうっすらと脂汗が浮かんでいた。

(まずい……)

今すぐ館に入りたかったけど。
ここをこのままにしていては、ただ憎しむことしか知らない魍魎が生まれてしまう。

「ちょっとだけ待って」

私は短く少年に告げた。
そのまま帯にある羅刹を構えた。

(……私だって、朱ノ姫を失った)

人を一切憎んでない、といったら絶対嘘になる。

(でも、このままじゃ、この山自体が呪われてしまう)

人は嫌だと思った。でも、この山は私が家族と過ごした場所。
そこを草の一本も生えないような呪われた……死んだ場所にはしたくなかった。

だから。

「高天原爾 神留坐須」

浄化の祝詞を唱える。

「神漏岐 神漏美乃 命以知�読」

唱えながらそっと扇を広げた。

「皇親神伊邪那岐乃大神」

私の言葉を受けて、鉄扇が輝く。……淡く白く、そしてうっすら銀色に。

「筑紫 日向乃 橘乃 小門乃 阿波岐原爾」

言の葉を紡ぐたび、その輝きは増す。
私の神通力を扇に注ぎ込む。

「禊祓比給布時爾 生坐世留 祓戸乃大神等 諸々禍事罪穢乎 祓閉給比 清米給布登 申須事乃由乎」

すでに毎日注いで凝縮した神通力。
それが、新鮮な力と混ざって浄化の力が増幅されていく手ごたえを感じた。

「天津神 地津神 八百万神等共爾」

▼→←▼



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (63 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
54人がお気に入り
設定キーワード:和風ファンタジー , 妖怪 , 羅刹   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

一花(プロフ) - 零玲飛(れいれと)さん» コメント有り難うございます。そう仰っていただけ、非常に嬉しいです。ここまで目を通してくださったことに感謝します!! 本当にありがとうございます。 (2015年1月28日 21時) (レス) id: c6c51ef31b (このIDを非表示/違反報告)
零玲飛(れいれと)(プロフ) - 感動して泣くかと思った。お疲れ様です。 (2015年1月22日 20時) (レス) id: 0bd3908221 (このIDを非表示/違反報告)
一花(プロフ) - 光珂さん» ありがとうございます。……誤字量の多さが(-_-;) しっかり読んでくださり感謝します。また、後日直します。そして、番外編の件……有り難うございます! おそらくひと月以上開けて、とか忘れたころになるかと思いますが、宜しければ、お願いいたします(多謝) (2015年1月15日 22時) (レス) id: c6c51ef31b (このIDを非表示/違反報告)
光珂(プロフ) - (続きです) 43話目の下から9行目 「まずはこのの人の」→「まずはこの人の」 だと思います! 一応番外編までは確認しようと考えておりますが、もし本編のみで良ければ返信くださると助かります。あ、遠慮はなさらないでくださいね。 (2015年1月4日 2時) (レス) id: 21af548d66 (このIDを非表示/違反報告)
光珂(プロフ) - 深夜にすみません。 37話目の下から16行目 「それだだけ」→「それだけ」。 40話目の13行目 「私をの力を」→「私の力を」。 同じく下から8行目 「温かな光のなで」→「温かな光の中で」。 41話目の9行目 「大鵬のい気配」→「大鵬の(いる)気配」。 (続きます) (2015年1月4日 2時) (レス) id: 21af548d66 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:一花 | 作成日時:2014年8月31日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。