占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:47 hit、合計:28,173 hit

感染率1% ページ2

窓の外の雪景色に、まだ季節が移り変わったのだと実感を得られずにいた。

最も、暖房の効いたこの部屋には、外の情報など関係も無い。

「……………A。」

雪景色を映す窓から視線を背後へと向けると、そこには大切な大切な、彼の姿があった。

A「………琉生(るい)、雪が降ってるよ。」

窓の外へ、静かに降り積もる白銀の世界へと指を指しても、彼の美しい顏は一ミリも動く事は無かった。

琉生「外は寒いよ?」

A「寒いのかなぁ。分からないな。」

この屋敷から片時も出なかった私には、外の気温や風を感じる事は出来ない。

最も、外の世界へ繰り出す事は固く禁じられている。

感染率2%→←Prolog



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.1/10 (85 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
123人がお気に入り
設定キーワード:ヤンデレ , 双子 , 狂愛   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

日名無 りん(プロフ) - みるくてぃーさん» ありがとうございます!頑張ります!! (2月1日 20時) (レス) id: 0a69449343 (このIDを非表示/違反報告)
みるくてぃー(プロフ) - すごい好きですこういう作品更新頑張ってください! (1月31日 17時) (レス) id: 2ce82efe3b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:日名無 りん | 作成日時:2019年11月27日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。