占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:8 hit、合計:41,300 hit

#85 ページ41

.





ヤクザの事務所前に着くと、伊藤くんは1度深呼吸をして私を見る。



「じゃあ、Aちゃんはここで待ってて」


「...伊藤くん、無理しないでね?危ないと思ったら逃げてね?」


「分かってるよ、大丈夫だから」



そう言って笑う伊藤くん。多分伊藤くんはどんな状況になっても逃げない。逃げるような人じゃない。...怪我しないといいけど。

そう思っていると、後ろから声が聞こえた。



「伊藤くん、もう怪我は大丈夫なのかい?」


「三橋...、裏切り者が今更なんだよ」



そこにいたのは三橋くんで。伊藤くんの言葉を聞くと何も言わずに頭を触って、カツラを取った。

そこから現れたのはいつもの金髪。メガネも取って地面に落とす。



「は、え!?」


「お前なぁ、俺がツッパリ辞めるわけねぇだろうが。相棒ならそれぐらい分かれ」


「分かるわけねぇだろ!!てか言えや!!」


「敵を騙すならまず味方からってな。真面目なフリして夜な夜なヤクザ襲って拳銃やら奪ってたんだよ。...ほら、着替えろ」


「は?」



伊藤くんに手渡されたのは真っ黒なスーツ。三橋くんは真っ白なスーツを持ってる。着替える...?



「なんだA、俺の着替えがそんなに見たいの?えっち〜」


「なっ、ち、違う!!見たくないし!」



ニヤニヤ笑いながら言う三橋くんから顔を逸らす。...着替えるって、ここで着替えるの?外だよ?まぁ人通りは少ない道だけど...。


しばらくしてもう見ていいぞ、と言われ顔を上げる。そこにはヤクザの物であろうスーツに身を包んだ2人がいた。



「か、かっこいい...」


「だろ?」


「似合ってるよ二人とも!すごい!」


「へへ...ありがとう、Aちゃん」



三橋くん、真っ白なスーツ似合うなぁ。伊藤くんもかっこいい。なんて思っていると、急に真剣な顔で私を見る三橋くん。



「A、いいな。俺らのこと気にして待っとくのはいーけど、危なくなったらお前も逃げろ」


「...うん、分かった」


「よし、じゃあ行ってくるわ」



そう言ってぽんぽん私の頭を撫でると2人は事務所の中へと入っていった。


残された私はただ2人が怪我をしないことを祈ることしか出来なかった。









.

#86→←#84



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (41 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
189人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ソウ - はじめまして!ソウです!読ませていただきました!めっちゃ面白かったです!これのおかげでまた今日から俺は大好きになりました!ありがとうございます!!( ≧∀≦)ノ (8月21日 20時) (レス) id: 8344a9dd37 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まるる。 | 作成日時:2019年4月30日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。