占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,908 hit

【186】 赤と青の石 ページ7

2階の暖炉のある部屋に戻ってまいりました

ライターオイルを補充し暖炉に火を点ける
いやはや光があると安心をもたらすよね〜
っていつかも言った気がする

「この人形燃やしてみるか」

そう言ってギルが火の中に人形を放り投げた
すると人形は見事に焼けきり、目にはまっていた赤い石がコロコロと転がり出てきた
火で熱されているから素手で取ったら火傷待ったなしだということでハンカチで回収オッケー
ハンカチは菊のだよー

「そういえば、さっきはトミーの登場で思いませんでしたが、この石像不自然じゃありません?」

マシューが指す方を見れば
部屋の奥、縦長の机の向こう?に石像が不自然な位置に置かれている
近くの床は抜け落ちており、いかにも落としてくださーいと言わんばかりだ

「『そーれっ』」

ドォンと石像が床に当たって砕ける音が聞こえた
おそらく位置的には玄関の左側の真っ暗な部屋なはず
てか今思ったけど玄関というよりは広さ的に玄関ホールかな?

「え、何やってるあるか!?」


「何ってお望み通りの行動をとったまでだよねー?」


『ねー』

バカあるか!?と続きそうな勢いでツッコまれたが
イヴァンと共にすっとぼけてみた
主犯格は僕なんだけどね☆
石像が思ったより重かったから僕が誘ったら喜んで協力してくれた
スパシーバ!

「相手してたらコッチがもたないある…」

何か聞こえた気がしたが知らん振りだ

もう用は済んだという事で石像が落ちたであろう1階に戻ってきた
ライター点けて真っ暗な部屋におります

「見事に砕けているな」


「キラキラしたものが落ちてるよ?」

ルートが残骸を退けながら何かないか探していると
フェリが「あっ」と声をあげて、光に反射してキラキラしている物を拾った
さっきの赤い石と同じもののようだ
ここでは暗くてよく見えないが部屋を出て確認したら青い石だった

「これ何に使うんだろうね」


「どっかの部屋に目の部分が窪んでる人形なかったか?」


『この廊下の奥の右の部屋だね』


「あ、確かにピッタリ嵌るかもですね」

記憶力に定評がある(多分)ロヴィによってスムーズに先に進めそう
早速向かいまーす




〜続く〜

【187】 ポロリもあるよ!→←お久しぶりです!



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
19人がお気に入り
設定キーワード:ヘタ鬼 , ヘタリア , トリップ   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぷぅたま(プロフ) - 北海道さんさん» コメントありがとうございます!楽しんで頂けたようで作者としては嬉しい限りです。これからも面白いと言って頂けるよう頑張りたいと思います。また宜しければ見に来てください。 (2017年9月8日 15時) (レス) id: 7b3ade6b65 (このIDを非表示/違反報告)
北海道さん - とても面白かったです。私もヘタリアを書いていますがこういう面白いのは書けていないので羨ましいです。更新頑張って下さい。 (2017年9月3日 1時) (レス) id: b73a8dd09b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぷぅ | 作成日時:2017年3月4日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。