占いツクール
検索窓
今日:30 hit、昨日:33 hit、合計:48,623 hit

_ ページ11

mg side

さて、

死ぬだとか、

未練どーこーだとか、


そんなのは置いといて
  


まずこの青年はどうするべきなんだ?



話は聞きたいけど、



さすがに真冬の雪が降る中で、


なんてさすがに可哀想だ




そもそもなんでこんな寒い中1人で歩いてるんだ?



この青年は何歳なんだ?


お兄ちゃんってどういうことだ?



様々な疑問が浮かぶ中、




取り敢えず俺の家に連れて帰っていいのか確認する



mg「君、親は?」



すると青年は



返事をする代わり



すーすー




と、


寝息を立てていた



ったく、




連れて帰るしかないじゃんか、






にしても、こいつ割とでかくないか?




試しに支えようとする




mg「うぉっ、脚なが、」



 
このままだと青年の脚、引きずりそうだから




そう自分に向けて言い訳をして、




青年を背中に乗せた





恥ずかしかったけど、



周りの人みんな酔っ払って俺らの事なんか  

目もくれない様だったから少し安堵する





 
家はもうすぐそこだ






…もう、帰らないと思っていたが、


まぁ仕方ない


今日だけだ




明日には俺はもう楽になってるはずだ





青年を背負いながら家に入り、



青年をベッドに寝かせて、



もう一度青年の顔を見つめる




心做しか顔が赤い気がする



背負ってる最中も熱っぽかったし




一応、


体温計るか








…なんか俺、



ほんとに『お兄ちゃん』みたいなことしてないか?









messiah…救世主

regret→←_



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
270人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 病系 , mmru
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Nana* | 作成日時:2021年1月11日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。