占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:82 hit、合計:7,844 hit

第199話 0点 ページ17

ししっ。マジでどーなるのか見物だな。


「ユキ……!!」
『なっ、なに?』
「あ……」
『あ……!?』
「あ……い……」


……あまりのヘタレ具合にイライラしてきたんだけど。


「ふん、愛しているの一言を言うのに何を戸惑っているのだ!」
「オッサンの口からそんな単語が出てくるとか……キモイだけだから喋んなし」
「さっきからその言い草はなんだ、ベル!」
「だからうるさいよ君たち」


あ、ボスが拳をパキポキ鳴らし始めた。
こりゃさっさと言わねーとヘタレ鮫が消し炭になっちまうな。


『は、ハッキリ言ってスクアーロ!!』


ユキの催促に大きく息を吸い込んだヘタレ鮫は…


「あ゛ああぁーー!! け、結婚してくれえ゛ぇ……!!!!」
『くぁwせdrftgyふじこlp……!!??』
「あ? あ゛ッ……」


愛じゃなくて結婚の申し込みを大声で叫んだ。


「ししっ……うししししっ……!!」


やっぱ王子の勘が当たったな♪
しししっ! 笑いがとまんねー! おもしろすぎだし!
ユキの奴は驚きすぎて何言ってんのかわかんねーし、ヘタレ鮫は顔にデカデカと失敗したって書いてあるし……!


「ぬはっ! ざまあないな、スクアーロ!!」
「プロポーズとしては0点ね〜。ムードも何もない往来で言うことじゃないわ〜」
「はぁ……まったく、いつまで経ってもスクアーロはヘタレだね」
「ドカスが」


なんだよあのヘタレ鮫、コントかよ。
ほんっとにおもしれーな。


「まっ、なんにせよこれでスクちゃんとユキちゃんは仲直りしたってことで……今夜はお赤飯よ〜!! おめでたいわね〜!!」
「ん゛なっ!!? う゛お゛ぉい!!! てめーらぁ、なんでいやがるぅ!!?」
『はっ!? えっ!? ※$☆◇∫ΔΨ‰……!!?』


あ、カマ野郎の大声でバレた。
つーかユキ、ますます何言ってんのかわかんねーんだけど。




ブンッ……ドガッ!!




ヘタレ鮫の爆音に、ボスがその辺にあった手頃なレンガを投擲!
んでもってクリーンヒットしたぜ♪


「てめっ! なにすんだぁ、XANXUS!!」
「るっせぇ。ユキ……来い」
『ざ、XANXUSくんたち、今までの見てたんだよね……ああああぁ…』




ベコンッ




『い゛ッ……!?』


頭を抱えながら大人しくボスの前に来たユキは、デコピンをお見舞いされた。
いったそーな音したな。


『いったぁ……!!』
「勝手に満足して死んでんじゃねぇ、カスが」
『うっ、ごめんね』


ししっ、ボスってばユキには甘いよな♪

第200話 引っ越し→←第198話 尾行中



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (32 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
52人がお気に入り
設定キーワード:REBORN! , スクアーロ , 原作崩壊   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

霽月(プロフ) - 緋雨さん» ありがとうございます!! お陰様でなんとか完結させることができました。いつもコメントありがとうございます。たまに番外編ものぞいてやってくださいね。これからも精進します!! (8月30日 21時) (レス) id: a6fc521fe8 (このIDを非表示/違反報告)
緋雨 - ハル姉 完結おめでとうございます!! ユキちゃんとスクアーロの結婚式 読んでてとても面白かったです!! 今までとても素敵なこの作品を書いてくれてありがとうございます! お疲れ様でした! (8月30日 20時) (レス) id: abe5765737 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:霽月 | 作成日時:2019年6月17日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。