検索窓
今日:149 hit、昨日:216 hit、合計:129,245 hit

30. ページ30

久しぶりに聞く大我さんの歌は
機材の近くでちょっと聞きにくかったけど
前よりも暖かく心に響いて少しドキドキした
ステージの大我さんが何よりも好きだ



あとで裏に来てって言われたから楽屋の方に行くと



「大我!久しぶり〜!」



綺麗な女の人



タオルで汗を拭いてる大我さんは一瞬で暗い顔になって 「A先帰って 樹に送らせるから」って焦ったように言った



樹さんは何か察したように「オッケー了解」って私の背中を押して、一緒に外に出た



外に出ると雨が降ってて まさに梅雨の始まりって感じ


あの女の人だれだろうってモヤモヤした気持ちが天気にリンクしてるみたいで少しだけ笑えた





「Aちゃん怒ってんの?」


『いや べつに』


「なんだ 俺がきょもにAちゃんがJKだったことチクったの引きずってんのかと思った」


『やっぱ樹さんが言ったんですか?』


「ごめんね? でもそれできょも怒ってたと思う?」


『うん そう思います』


「逆だよ めちゃくちゃ心配してた」


『心配?』


「きょももねえ身内とトラブって今あんな感じだから ずっと荒れてたんだよほんと最近までね だから似たもの感じたんじゃないかな」


『似たもの、ですか』


「そそ きょものとこいれば何も心配しなくて大丈夫だよ あーみえて優しいから まっ俺の方が優しいけどね?」


『ナンパしてきたくせに』



って言うと「ナンパしたのは双子の兄ちゃんでさ〜」ってふざけてて、ひとしきり笑ってるうちに家まで着いて

「戸締り気をつけてー!」って言うと帰ってしまった

あの女の人誰か分かりますか?って聞くつもりだったのに
まあいいか




樹さんって思ったよりやさしい
というかメンバー全員やさしくて
今まで私があってきたバンドマンと全然ちがくてちょっと驚いた

31.→←29.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (241 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
690人がお気に入り
設定タグ:sixtones , 京本大我 , SixTONES   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はむ(プロフ) - こまり ,さん» コメントの通知を切っていたので返信遅れてしまいすみません!そのような感想いただけて本当に嬉しいです泣 一応完結まで下書きにあるので更新お待ちください!最後までよろしくお願いします (8月15日 2時) (レス) id: 502b185181 (このIDを非表示/違反報告)
こまり ,(プロフ) - とても素敵なお話で胸がギューってなりました( ᐢ ̥_ ̫ _ ̥ᐢ )更新楽しみにしてます♡♡ (8月12日 5時) (レス) @page47 id: 12b1fa3c73 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はむ | 作成日時:2022年8月5日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。