占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:80 hit、合計:47,384 hit

アイツ限定のシェルターにしてやるか ページ2

TH「ユンギヒョーン。」

SG「何だよ。」


部屋に飛び込んできたテヒョナ


TH「ヌナ、来ていませんでしたか?」

SG「もう、帰ったぞ。」

TH「ヒョン。」

SG「何だよ。」

TH「ヌナが、ジョングギに。どうしたらいいですか(泣)」

SG「はぁ?知らねぇよ。」

TH「俺だって、ヌナが好きです。」

「俺に言ってどうする。アイツに、直接言えよ。」

TH「でも、はい、そうですよね。」

SG「テヒョナ?」

TH「お邪魔しました。」


肩を落として、部屋を出て行ったテヒョナ


SG「もう一人も来そうだな。」


作業の手を止めて、来るのを待った


JM「ユンギヒョン、今いいですか?」


やっぱり来たか、ジミニ


SG「Aならもう帰ったぞ。」

JM「え、どうしてわかったんですか?」

SG「テヒョナが、お前と同じ顔して入ってきたからさ。」

JM「ジョングギは、来ましたか?」

SG「来たよ、すぐに戻って行ったけどな。」

JM「ヌナは、ジョングギが好」

SG「知らねぇよ、アイツの気持ちなんて。」


恐らくそうだろうけど、俺の口から言うべきじゃない
ったく、俺の作業部屋を何だと思っているんだ
お前らの恋愛談室じゃねぇぞ


JM「俺、ヌナが好きです。」

SG「だーかーらー、そういうことは本人に言えよ。どいつもこいつも、俺に言いやがって。」

JM「やっぱり、あの二人も。」

SG「Aを好きなのは勝手だけど、暴走して傷つけるような真似だけは絶対にするなよ。」

JM「しません。」

SG「あの二人の方が、心配だな。」

JM「ですね。二人にも、ヒョンの言葉をちゃんと伝えておきます。」

SG「よろしく。なら、もういいか?」

JM「邪魔して、すみませんでした。」


ジミニが慌てて部屋を出て行った
こりゃ大変だアイツも、本気になった弟たちの相手をするのは
しょうがない、ここをアイツ限定のシェルターにしてやるか

チェンオッパに会える♪→←言うタイミング、逃しました。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.6/10 (154 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
526人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS , ジョングク   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 沙環さん» 沙環さん、作品を読んでくれてありがとうございます。ちょっと更新が遅れていますが、少しづつ書き始めています。もうしばらく、お待ちくださいm(_ _)m (4月23日 21時) (レス) id: 5d982d1368 (このIDを非表示/違反報告)
沙環 - いつも面白い作品をありがとうございます。私は小学生なので小学校が終わったらすぐ小説を読んでいます!私もバンタンやEXOが好きなので頑張って無理はしないように更新してください。 (3月27日 9時) (レス) id: e5843836e0 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - Y-HOPEさん» コメントありがとうございます(*^_^*)いつもニコニコ笑顔の素敵な人ですよね!出番を増やせられるように頑張りますねm(_ _)m (2月13日 19時) (レス) id: 5d982d1368 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - すずさん» ゆっくりになりますが、書きあげて進めてゆこうと思います(^u^) (2月13日 19時) (レス) id: 5d982d1368 (このIDを非表示/違反報告)
Y-HOPE(プロフ) - 面白すぎます!!毎回楽しみに見ています(>_<)/グクのその後が気になる...!あと、ホビをもう少し出してほしいですwwこれからも応援してます!! (2月13日 7時) (レス) id: b2130524e0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2018年1月12日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。