占いツクール
検索窓
今日:990 hit、昨日:2,582 hit、合計:671,301 hit

▽mission128 ページ34

*







「こんにちは〜!」

「こんにちこっこここここコナンくん」

「そんなニワトリみたいな…………」







大学からフラフラ帰っていると突然挨拶されて、条件反射で挨拶を返せばランドセルを背負ったコナンくんだった。


死ぬほどびっくりした。




呆れたようにツッコミを入れてくれたコナンくんがニッコリ、可愛らしい笑顔を浮かべる。






「ねえ、今大学の帰り?」

「えっあっあっうん」

「この後用事ある〜〜???」

「やっえっとえっあっ所用の腹痛が」

「暇なんだね!!ボクちょっとAさんとお話ししたいなあ〜〜?」

「えっおっあっ」





純度100%の猫を被ったコナンくんの笑顔を前に逃げられるわけがなく、あれよあれよと言う間にファストフード店の一番奥の席に連れ込まれる。



疑い晴れたんじゃなかったっけ!?!もしかして沖矢さんからの説明だけじゃ納得してないパターン!?!!?あれ?!?!?死?!?!?!




LサイズのシェイクとLLサイズのポテトをテーブルに広げ、せめてもの壁を作るが所詮シェイクとポテトでは大したバリアーにはならない。つらい。





「ジュースありがと〜〜!!」

「いえ…………全然いいですよ…………晩ごはん食べられるように食べ過ぎちゃあかんよ…………」

「はーい!」





無邪気な声で元気よく返事をするコナンくんは大変可愛らしい小学生で、しかし今から私はこの小学生に追い詰められるのだ。


オレンジジュースのストローから口を離したコナンくんが喧騒の中で口を開く。






「……まずはさ、この間大尉の首輪に付けたレシートを安室さんに届けてくれてありがとう」

「へ?」

「あれが届いてなかったらボク達みんな凍えて死んじゃってたかもしれないから」

「ど、どういたしまして……?」








*

▽mission129→←▽mission127



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (995 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3927人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , トリップ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

natsukomizumura(プロフ) - 超すきです!応援してます! (6月17日 7時) (レス) id: 2c9aa8af7f (このIDを非表示/違反報告)
絶滅危惧種のループタイ(プロフ) - 関係無い話すみません、トッケビってあれですか?あの死神とトッケビと同居して剣抜こうとするあれですか?違ったらすみません。 いつも楽しく読ませていただいています。これからも頑張ってください!! (6月2日 14時) (レス) id: cf9c619e41 (このIDを非表示/違反報告)
Ray@二次元LOVE(プロフ) - 応援上映じゃない方に行ったんですが、自分的には翌年の予告で爆死しました(^ω^) 実は推しレーダーが凄まじい反応の仕方をしまして…ネタバレしてないのに首都の景色が映り出す前に推しだァアァアッ!!!って脳内がお祭り騒ぎになりました(^ω^) (6月2日 5時) (レス) id: 0d5710c941 (このIDを非表示/違反報告)
まなか(プロフ) - 根性……羨ましいです…私も行きたい…。 (6月2日 1時) (レス) id: dbf487caee (このIDを非表示/違反報告)
楪実(プロフ) - 安室さんとの会話が面白すぎて声出して笑いました!続きが楽しみですこれからも応援してます! (5月24日 20時) (レス) id: a1f8b54667 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年5月3日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。