占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:9,900 hit

ツンデレ日和 ページ14

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


A「おはよー、!」



風花『あ!!おっはよー!!!』




学校につくと、いつも通りの明るい声がわたしを迎える。




A「ねえ風花聞いてや〜!!」




風花『なになに気持ち悪いくらいニヤけてるやん!』




わたしの1番の親友である風花は、

よき相談相手で、よく話を聞いて貰ってる。





A「昨日デートしてきたんだけどさあ!」




風花『あぁ、また惚気〜??』





なんてだるそうに言うけど、

体は前のめりで興味津々な風花。笑




A「あの小瀧が嫉妬しちゃって〜、!笑」





流星に遭遇したことをささっと説明する。





風花『うわ〜、なにそれ!少女漫画?!』





A「ふふふ、」





風花『てかさ〜、そんな嫉妬するんやったら名前呼びすればええやん?』





A「ふぇ?!」






風花『ちょっと1回のぞむ、って呼んでみ?』





A「の、、ぞむ?」






ちらっと小瀧の方を横目で見ると、


びっくりした顔でこっちみて

ついでに顔も真っ赤っか。





風花は謎にドヤ顔で、





風花『ほらっ、小瀧もA呼び!』




望『い、嫌やわ!!、』




風花『なんで?笑』




望『そんなん、、、ど、どうでもええやろ、!』





風花『ちょ、逃げんとってよ!』






小瀧は長い足で

そそくさと教室をとびだした。






A「、、そんなに嫌なんかなあ〜、」




ポツリと呟いた私の言葉に、

風花は目を見開いて私をガン見。




風花『もう、なにぼけーっとしとんねん!』







A「???」







風花『はよ追いかけて!このまま気まずいの嫌やろ?!』






、、出たよ、完全におかんモード入っちゃったな、こりゃ





風花はいつもわたしが悩んだり迷った時は

こうやって背中を押してくれる。



、、、ちょっと言い方はきついのは置いといて。笑






A「う、うん、」






風花に言われるがまま、

遅い足を必死に動かして走った。

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
72人がお気に入り
設定キーワード:小瀧望 , ジャニーズWEST   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

WESTのん - 次の更新楽しみです!後でお気に入りに追加しときます! (2月2日 3時) (レス) id: 2f51113b8a (このIDを非表示/違反報告)
ももも(プロフ) - あやめさん» ありがとうございます!( ; ; ) (12月28日 1時) (レス) id: f898c0f9ee (このIDを非表示/違反報告)
あやめ(プロフ) - 更新楽しみにしています♪ (12月25日 4時) (レス) id: cc6a531d12 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ももも | 作成日時:2019年11月24日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。