占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:21 hit、合計:147,026 hit

cat33 ページ35

〜真冬side〜




「気付いてくれてたの?嬉しい!!」

「ははっwソレいい匂いだよね」



憂鬱な時間が始まった

少し俺が褒めただけで女はすぐにキャッキャ騒ぎ出す

俺あんな事言ってるけど ほぼ適当だし、そんなの思ってもないから
つーか俺、香水とか匂いがキツイの嫌いだし



「えっ、嘘!!」

「何でココに!?」



すると1部の女子が騒ぎ出した
廊下はすでに女子の声でうるさい
その流れで教室まで騒ぎ出す

あーうるさっ



「アレって、2年の彼方先輩じゃない...!?」



思わず廊下の方を見た
そこにいたのは2年の一ノ瀬彼方
噂で聞いた話しでは、俺みたく学校の人気者
誕生日やバレンタインはスゴいらしい

いや、今はそんな事どうでもいいんだよ



ガタッ



「あっ、Aー」



俺の目に映るのは勢い良く椅子から立ち上がる二見
教室から顔を出す一ノ瀬彼方のもとへ行き、会話を始める
何かボソッと呟いたようにみえたけど、なんて言ったか聞こえなかった



「二見さん、彼方先輩とど−ゆー関係なんだろ...」



近くにいた女子が呟いた

コイツが言う通りどういう関係なんだ???
二見が学校で俺やうさみん以外とまともに話す所初めてみた...

とういか...わ、笑ってる...??



「でも、他学年の教室に来るのって禁止じゃなかったっけ?」



言われてみればそうだ
原則、うちの学校は他学年の教室に行くことは禁止されてる

まぁ、普通に来ている先輩もいるけど......

でも、何で一ノ瀬彼方はこの教室に...
ましてや、相手はあの二見だし...



「ありえねぇ......(ボソッ」



誰にも聞こえない声で呟いた

ただただ俺は目の前の景色を見ているだけ
一ノ瀬彼方と二見Aが話している様子...

すると一ノ瀬彼方は二見の髪が触り始めた
ソレにい少し照れる二見

いや、待て待て待て待て
あんなの二見じゃないでしょ、何キャラ崩壊してんだよ
2日連続キャラ崩壊ってどうゆうことだよ



「あ、もしかして......(ボソッ」







二見の好きな人って、一ノ瀬彼方......??

新作→←cat32



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (151 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
510人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , まふまふ , 学園
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ましろ(プロフ) - アリスさん» あぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!頑張りますぅぅ!!! (8月17日 0時) (レス) id: 7eb51e6523 (このIDを非表示/違反報告)
アリス - うひゃあああもっと!もっときゅんきゅんさせてくださいぃぃ!!! (8月17日 0時) (レス) id: f38b18c5a9 (このIDを非表示/違反報告)
サクラ - 更新楽しみに待ってます! (7月27日 12時) (レス) id: 82bd22f655 (このIDを非表示/違反報告)
夜桜*.☆(プロフ) - 待ってましたぁ!ヽ(*´∀`)ノ (7月24日 13時) (レス) id: 7ecb03095b (このIDを非表示/違反報告)
アリス - なんか、気づいたら更新されてるっていう、この更新ペース好きです。 (5月21日 16時) (レス) id: f38b18c5a9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ましろ | 作者ホームページ:なし。  
作成日時:2017年10月27日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。