占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:92 hit、合計:37,517 hit

14.逃げても無駄 ページ16

このままじゃお家に帰れないよぉ…ぅ……っ、えぇぇぇん…………





__________とでも泣くと思ったかあの女ども←←
周りをよく見れば、ドアの上に人っ子1人通れそうなドア?…窓?が、ある。
先輩方は逃げ道があるのを確認せずにやったってわけか...
とりあえずそこら辺にある椅子やら台を使って抜け出そう。
速くしないとリヴァイが怒るからなぁ;;


『よっ!...うぅん、しょっとっとっとぉぉおおおわわあああ!!!』


ドテーン!!

下りる時の体勢を考えずに頭を先に出すんじゃなかった、と今更後悔する。


リヴァ「相変わらず可愛気のねぇ女だな。
そこで何してる。
待ちくたびれたからわざわざ捜しに来てやったんだ。
待たせた罰として理由を言え。理由を。
大した事じゃなかったらてめぇをしばく。大した事じゃなくてもてめぇをしばく。」


『ちょっ!どっちもしばくが定めなら私は逃げる!!』


リヴァ「俺から逃げ切れたことあんのかよ」


『な、ないです...。』


リヴァ「だったらさっさと言え。
場合によってはお前の最期をどうするか考えてやる。」


最初から殺す気かよ!!とツッコミたかったが切りがないだろうと思って止めた。


『うんと、前にリヴァイに告白しに来た先輩3人組がいるでしょ?
その人達になんか私、好かれてるっぽい!
で、監き.んされちゃって』


リヴァ「...(ジト お前はいつからそんな趣味を持ち始めた。」


『だって事実だもん!』


と言ってポケットに突っ込んであった、今朝貰った手紙をリヴァイの目の前に突き付けた。
それを無言で手に取ったリヴァイは躊躇なく内容を読んだ。


リヴァ「なるほど。ただの嫉妬か。
このくらいお前にはゴキブリを肩に置かれる悪戯に過ぎんだろう。」


『ゴキブリ使った時点でアウトだから。
やったやつマジでぶっ殺す。』


リヴァ「そんなむきになるな。単なる例えだ。」


『例えにも程があるわ!!!』


そう、聞いての通り私はゴキブリが大大大大大嫌い!!!!!
これ覚えといて!
テストに出るから!!←←





〜*〜*〜
初めてパソコンでやってみたけど、なんかいつもと違っていい(笑)

15.ワンモア!(one more)→←13.スマホがほすぃい



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (63 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
101人がお気に入り
設定キーワード:進撃の巨人 , リヴァイ , 学園
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

名無し - パンピーって亜蓮が言ってたやつか (7月22日 0時) (レス) id: 50fd33de26 (このIDを非表示/違反報告)
恋歌 - 絵うまいね!!! (7月14日 20時) (レス) id: f72f544e96 (このIDを非表示/違反報告)
孤独の錬金術師 - オオカミ少女と黒歴史でなくオオカミナ少女と黒王子だと (5月21日 21時) (レス) id: f6ae09a5b1 (このIDを非表示/違反報告)
RAI(プロフ) - 完結おめでとうございます!(遅い)リヴァイファンとしては悶絶するしかない最後でした…!((最後までお疲れ様でした^^* (2017年2月4日 15時) (レス) id: d6a1ef8da1 (このIDを非表示/違反報告)
ナギサ - 作者さんはキモくない!(多分)いい人だ!! (2017年1月22日 9時) (レス) id: 437b10c8bc (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Double G | 作者ホームページ:   
作成日時:2016年8月20日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。