占いツクール
検索窓
今日:271 hit、昨日:237 hit、合計:78,749 hit

□9. ページ10

「他人からはマイナスに見えるような個性でも、自分なりに生かせる方法を見つけ出せたらプラスに変えられることもいっぱいあるんだ」

『…そうだよね』

「なるほど、プロの言葉は含蓄があるのう…」


博士にそう言われて嬉しそうに「いやぁ」と口を揃える選手達。…ほんとに博士の言う通りだ。

頑張る人達の味方…ってね!



「他になにか聞きたいことはあるかな?」

「はぁーい!」


この流れで、優しくそう言ってくれる遠藤選手。
元気よく手を挙げたのは子供たち…ではなく、


『…コナンくんかい』

「フリーキックのコツを教えてっ!」


手を挙げたまま無邪気そうに言う新一の頭を掴むおじさんの手。

そのままぐりぐりと力を込めるおじさんに、新一は「うあ…」と声を漏らした。


「コラァ!ガキの癖に生意気だぞ!!」

「そんな、構いませんよ!まだ少し時間あるからちょっとやって見せようか?」


ぱあっと嬉しそうに顔を輝かせたかと思えば、大きく頷く新一にきゅんとしたのは内緒。


『…かわいい』

「あら、素直ね」

『ひえっ!!哀ちゃん!!!』


…隣にいた哀ちゃんにはクスリと笑われたけど。


ゴールの方へと移動する選手たち。
そんな彼らがよく見える場所に立った私たちはその光景をじっと見た。


「蹴り方はインフロントで、それで蹴るっていうより擦りあげるという感じかな」



キッと睨むようにゴールの奥を見た遠藤選手…、が蹴ったボールは、綺麗にカーブしてゴールに入った。









·








《────ゴォォォル!!!》


スタジアムの中で巻き起こる歓声。

綺麗に入ったゴールに、スピリッツの応援席にいる私たちの周りはガックリと肩を落としている人ばかり。



「すげえっ!教えてくれたフリーキックと同じだ!」



…そんな中で、テンションが上がってるサッカーバカが1名。

立ち上がって喜んでいる新一に、子供たちはむっとする。



「ちょっとコナンくん!」

「どっちを応援してるんですか!」

「江戸っ子が大阪のチームを応援すんなよな!」



子供たちからのブーイングに「わぁったよ…」と座り直した新一。

…子供たちに怒られてやんの。

□10.→←□8.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
596人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 工藤新一.江戸川コナン , 11人目のストライカー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱぴこ(プロフ) - 茜さん» ありがとうございます!!そう言っていただけると嬉しい限りです!!ぜひこれからもよろしくお願いします! (5月23日 20時) (レス) id: 9511f3d914 (このIDを非表示/違反報告)
- おおおお毎回お話が面白すぎて毎日楽しみです!頑張って下さい! (5月22日 18時) (レス) id: fc9bd81442 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱぴこ。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年5月18日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。