占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:188 hit、合計:78,965 hit

□30. ページ31

·




東都スタジアムに到着するなり、俺は車を出る。
怪しい奴が通らないか見張っててくれと子供たちに告げ、行こうとした時だった。



『コナンくん…!』

「…へ」

『〜〜っ!待ってるから、絶対に戻ってきてね!』

「───ああ!!」


スタジアム内へと駆け出した俺は、軽く目を伏せる。


…あいつのことなら、一緒に行くって言うと思ったんだけどな。

何かを言おうとしてためらった表情、呑み込んだ言葉、…真っ直ぐな瞳が脳裏に焼き付いて離れない。



あたりめーだろ。


心の中で小さく呟いた俺は、犯人のいるスタジアムのコートに足を踏み入れた。



「───小五郎のおじさんなら待ってても来ないよ」


広くて静かなスタジアムに響いた声。
犯人はばっとこちらを振り返る。


「来たのは僕だけさ!」


暗闇でよく見えないけれど、犯人が怪訝そうな顔をしたのは分かった。

眠らされていた警備員さんを逃がしたこと、もうじき警察も集まってくると思うこと、…その2点を告げる。



「僕、郵便受けのカードのトリック分かっちゃった」


まるで警戒もクソもないような子供らしい声で、推理を語る。



「カードを入れたのは、東都スタジアムを爆破した日。小五郎のおじさんに電話をかける前に、郵便受けの奥に上下に挟むように立てかけたんだよね?」



あの郵便受けの形状からして、余程覗き込まない限り奥のカードは見えないし、他の郵便物が入っていればそれに目を取られてカードには気づかない。

そして、その日のうちにスピリッツのサポーターを装ってメール便を出す。…郵便受けに差し込むことはできるけれど入り切らないサイズで、なおかつ封筒の両端からのりがはみ出すように作ったもの。

当然配達の人は何かの拍子に落ちてしまわないよう、メール便を郵便受けの奥に当たるまで押し込む。

…すると、奥に立てかけてあったカードにメール便のはみ出したのりがひっつき、メール便が引き出されればカードはまるでたった今届いたかのように郵便受けの手前に移動する。


つまり、カードは前日に郵便受けを覗いた後に入れられたと思われる。



そのことを話しながら歩み寄ると、犯人は戸惑ったように歯を食いしばった。

…当たり、か。

まぁ、当然のように知ってたけどな。

□31.→←□29.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
596人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 工藤新一.江戸川コナン , 11人目のストライカー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱぴこ(プロフ) - 茜さん» ありがとうございます!!そう言っていただけると嬉しい限りです!!ぜひこれからもよろしくお願いします! (5月23日 20時) (レス) id: 9511f3d914 (このIDを非表示/違反報告)
- おおおお毎回お話が面白すぎて毎日楽しみです!頑張って下さい! (5月22日 18時) (レス) id: fc9bd81442 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱぴこ。 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年5月18日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。