占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:3 hit、合計:16,167 hit

ページ8

紫耀 S i d e


“ しょ〜ぉ、だぁいすき! “


“ こっち向いて? “


“ 紫耀以外 もう愛せないかも、? “


『...ょう、しょう、紫耀、紫耀ッ!!』


紫耀『ん...うわぁ?!...何だよ、』


目を覚ますと目の前に勇太の顔がドアップで思わず吃驚する。


...折角 良い夢見てたのになぁ、、、


勇太『...なんか良い夢でも見てたの? 笑』


紫耀『は、はぁ?! み、見てねえし!!』


勇太『あ、図星だな 笑

どんな夢見てたの? やけに にやけてたけど。』


ま、マジか...俺 にやけてたんだ。


だって...” 好きな人 “ だもん、にやけるよ。


そんな気も知らずに...勇太は、、、


勇太『なぁ、なんの夢? 笑

どうせ紫耀の事だから、
綺麗なお姉さんに膝枕して貰う夢でしょ?w』←


“ 紫耀の事だから “ って、笑


紫耀『ちげぇよ、...もうこの話は終わり!

ほら、勇太行くぞ!!』


勇太『え、ちょ...』


勇太の手を取り、
俺と勇太の鞄を持って教室を後にした____


勇太『お邪魔しまーす、』


紫耀『お邪魔して下さーい。』←


“ 罰として “ とか言ったけど 特に何処行くか とか全く思い付かず 結局 俺の家に招くことに。


紫耀『寛ぎ過ぎだろw』


まるで自分の家の様かに俺のベッドで寛ぎ始める勇太


勇太『なんか紫耀の匂いがして落ち着くんだよな、』


紫耀『ッ...それって?』


勇太『ん? あ〜 変な意味じゃないよ? 笑

ただ何か紫耀の匂い好きなんだよな。』


と言い 俺の布団に包まる勇太。


“ 変な意味じゃない “ か、


寧ろ “ 変な意味であって欲しかったな “


...なんてね、。

帰したくなくて、→←勇太と、


ラッキーメンバーカラー

深紅


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (64 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
136人がお気に入り
設定キーワード:神宮寺勇太 , 永瀬廉 , King&Prince   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

伊野尾愛佳(プロフ) - Kanonさん» コメントありがとうございます はじめまして〜 はい、頑張らせて頂きますッ!! (1月15日 2時) (レス) id: 0c28c9a95c (このIDを非表示/違反報告)
Kanon(プロフ) - はじめまして(^ ^)続きが気になります!頑張ってください! (1月10日 0時) (レス) id: e328b19e8d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:伊野尾愛佳 | 作成日時:2019年12月9日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。