占いツクール
検索窓
今日:29 hit、昨日:717 hit、合計:184,854 hit

- 005 私は真理を行ってみせるだけだ ページ49

.



「A……A……お前は………刀鍛冶(おれ)を喜ばせる方法をよく知ってる……俺を二度も奇跡に立ち会わせてくれた……感謝しかない……」

「大丈夫ですか鋼鐵塚さん。感謝は不要です。大したことはしていません。私の方こそ感謝を、刀を打って下さり本当にありがとうございました。大切にします。岩肌の刀(あの刀)の鍔だけでもとこちらに移してくれたこと、とても粋で感動しました」

「俺は………お前の刀だけを打ちたい……」

「それは駄目だろう」


鋼鐵塚は恨めしそうに「鱗滝ィ……」と呟いた。

紅か紫だろうと思われたAの色はなんと透明だった。どんな宝石より壮麗で美麗な刀身は光の当たり加減によって黄金に煌めく鍔によく似合っていた。この豪勢な鍔は元々、Aが岩肌より抜いた例の刀の物であり、細やかな装飾と形に結ばれた紅色のりぼんが四つあるのは、これは恐らく鋼鐵塚がAに渡すからと付け加えたもの。

見た目の芸術点だって勿論こだわる。刀愛が異常とも言える彼のはからいとしては当然だった。

Aはそれが嬉しくて嬉しくて、何度も頭を下げた。


「何故色が移り変わるのか私にもよく分からないですが、とにかく鋼鐵塚さんにお見せできてよかったです。いつか理由がわかったらお手紙でお伝えしますね」

「直接でもいいぞ」

「それは会いたいという意味か?」


鱗滝が間髪入れず突っ込んだので鋼鐵塚は一変して不機嫌そうに太い眉をひそめた。

二人の間に流れる不穏な空気がよく分からない(性別という概念が抜け落ちている)Aは疑問符を浮かべるだけだ。


「カー、カー、カー……」


鴉……? の鳴き声に三人の視線が出入口を向く。

思わず点々と疑問符を付けたくなる鴉らしからぬ鳴き声は視線が怖いのかより音量を下げて語尾につれて縮こまって、羽をしまうと、主人であるはずのAではなく鱗滝にトテトテ歩み寄り、その背中に隠れた。

この鎹鴉(かすがいがらす)は紛うことなく要登Aにつけられた烏であるはずだが。何故か距離が遠い。

Aが動物に嫌われることなんて有り得ないと、鱗滝は至極不思議そうにふるふる震える烏を見下ろした。


「やあ。白百合、久し振りだな。報告に来てくれたのか」


両膝をつきご苦労さま、と優しく手を伸ばす。Aの指がちょん。と触れるや白百合は冷凍マグロのように卒倒した。


「白百合!」

「カー……好キ……」


Aは鴉にも惚れられていた。

- 006 本当に必要なことを、今すぐにせよ→← - 004 一人よりも二人で願え



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (260 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
364人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 原作沿い , 愛され
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

糸針シナ(プロフ) - 何卒さん» ういった形を取らせて頂きました!ほんとに申し訳ないです、更新は今まで以上に頑張りたいと思っています…! (11月23日 14時) (レス) id: 2d5e82106c (このIDを非表示/違反報告)
糸針シナ(プロフ) - 何卒さん» 何卒さんすみません!いえいえ変身させていただきます!本当にご迷惑おかけしましたー!頂いていたコメント、返信したのですが何卒さん見られる前に作り直してしまい…本当に申し訳ないです汗 フラグについて運営に報告していたのですが全く対応して貰えなかったのでこ (11月23日 14時) (レス) id: 2d5e82106c (このIDを非表示/違反報告)
何卒 - ↓すみません!作り直りたのに気づかなくて…!スルーしていいです! (11月23日 14時) (レス) id: 58baba6999 (このIDを非表示/違反報告)
何卒 - シナさん!!続編、削除されたんですか??それとも運営にですか…?? (11月23日 14時) (レス) id: 58baba6999 (このIDを非表示/違反報告)
糸針シナ(プロフ) - Mariroさん» こんにちは!Mariroさん、コメントありがとうございます。作ってました。一気読みお疲れ様です〜!鋼鐵塚さんともすぐ打ち解けるだろうな要登さん。という気持ちで書いていました。鱗滝さんはもう第二のお父さんなので…喜んで頂けて何よりです。今後も頑張ります。 (11月14日 12時) (レス) id: 2d5e82106c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:糸針 | 作成日時:2019年10月25日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。