占いツクール
検索窓
今日:90 hit、昨日:22 hit、合計:198,503 hit

63/合点が、 ページ13

*

「これは?」

『昨日、城下に下りる機会を頂きまして。そこで買って参りました』

「あぁ……昨日、昨日な……あー、なるほど」

『……? トントン様?』

「それってもしかして、一人で行ったん?」

『あ、えっと……実は』

 そうです、と尻すぼみに肯定すると、彼は大袈裟に溜め息をつくので身が縮こまる。
きっと咎められる、と身構えていると。

「ま、ほんとなら無防備やって注意するとこやけど……怒られたんやろ、あの従者に」

『え……』

「いや、はは。あんな、今朝の朝礼でな、いつにもまして仏頂面やなと思ってたんよ」

『………』

 誰のことを指しているのかはすぐに見当がついた。……もう、ユリアったら。
予想に反して楽しそうに笑う気配がして、顔を上げる。

「それで元気なかったんかいな」

 合点がいったと頷く彼は、ひとしきり笑った後テーブルに手を伸ばした。

「じゃあ、遠慮なく」

『はい、どうぞ』

「……ん、美味いやん」

『それなら良かったです』

 もちろん彼用に用意した上質なものではなかったが、こうして喜んでもらえるなら結果よしとしよう。
本当に一つだけをつまんだ彼は、ふとテーブルに広がる雑多な物たちの中からあるものを見つけたらしかった。

「これ……」

『あ、それは――』

 トントン様が優しく掬い上げたのは、あのガラス細工のネックレス。
言わずもがな、シャオロン様に買って頂いたものだが、はたしてそのことを正直に暴露していいものか。

 目を泳がせている内に、彼のほうから言葉を繋いだ。

*

64/怒ってない。→←62/休日の君。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (177 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
460人がお気に入り
設定キーワード:実況者 , ○○の主役は我々だ! , 夢小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

江之子(えのこ)(プロフ) - ささん» 初めまして、コメントありがとうございます。最新話のみならず読み返しまでしていただけるとは…。どうぞ、これからも長々とこの作品をご愛顧してもらえたらと思います!応援感謝です。 (2017年6月6日 16時) (レス) id: d4b2bfad59 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 初めまして。えのこ様のお話が大好きです。最新話を追いつつ初めから読み直しては楽しませてもらっています。これからも応援しております! (2017年6月6日 15時) (レス) id: 91a8ff52f5 (このIDを非表示/違反報告)
江之子(えのこ)(プロフ) - ahirudokuro112さん» コメントありがとうございます。毎日気にかけてくださるほど印象を残せたこと、一書き手としては嬉しいばかりです。それをこうして文字にして伝えてくださったことをとてもありがたく思います!今度とも、どうぞよろしくお願いします。 (2017年6月4日 0時) (レス) id: 7dbb78881f (このIDを非表示/違反報告)
ahirudokuro112(プロフ) - 初めてコメントさせてもらいます。いつもとても楽しく読ませて貰ってます。気づけば毎日朝と夜に更新されてないかチェックするのが日課になってます笑。ぜひこの気持ちをお伝えできたらとコメントさせていただきました。 (2017年6月3日 23時) (レス) id: f8fb3df520 (このIDを非表示/違反報告)
江之子(えのこ)(プロフ) - 井戸らさん» コメントありがとうございます。私の場合、気が付いたらこんな文体になってまして、くどいかな…とドキドキしながら書いてる面があるのですが…。それを褒めていただけるのは何より嬉しいです。今後もお楽しみに! (2017年5月27日 23時) (レス) id: 7dbb78881f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:江之子(えのこ) | 作成日時:2017年5月22日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。