検索窓
今日:133 hit、昨日:150 hit、合計:961,858 hit

29.梟谷学園高校男子バレー部 ページ31


Tanahata side







結局その後、何度もマネージャー2人に頭を下げられた私は首を横に振ることはできず、何度も休んでしまうかもしれない、という条件を伝えた上でマネージャーを引き受けた




話をしていれば、白福さんも雀田さんもとてもいい人だという事は分かったし、何より"バレーに携わることができる"ということは私にとってとても魅力的だったのだ







しかし、歌手としての活動は日に日に忙しさを増して、部活を休んだり学校を欠席する日もあった私は、部員たちとの間に大きな壁ができていた。校長先生と担任は私の事情を理解していたため、何度もお世話になったものだ






それでも、白福先輩と雀田先輩は私に優しくて、彼女たちの前では自然と笑顔になれる




そんな彼女らに"天川七"としての私を打ち明けたのは、入部して3ヶ月ほど経った時だった。その時の雀田先輩は、一瞬気を失いかけてその後に号泣、求められたサインを描けばさらに大泣きしていた。どうやら2人とも、有難いことに私のファンだったらしい








2人との仲は深まったとはいえ、部員たちからの視線は相変わらず酷い。先輩2人のような可愛らしさのない私を良く思っていないようで、私の方をみてはヒソヒソと何かを話している




ボトルを渡すのも、タオルを渡すのも避けられた。私から貰うと「地味が移る」と言われているらしかった






人を見た目で判断する人は苦手だ




私の髪と目の色を見て差別して来た同級生も


私の顔だけを見て告白してきた男子も


地味な容姿だけを見て陰口を言ってくる人も






それでも、彼らに大した感情は浮かばなかった。部活に私情を持ち込むところが中学の先輩に似ているな、という程度だ






バレーの知識があった私は、主にノートやスコアを書いたり、ドリンク作りをやらせてもらった。





.









雀田「…やっぱり我慢できない!


アタシ、やっぱりあいつらに1回ちゃんと言ってやる!


こんなの、Aに失礼すぎるわよ!!」




白福「うん、私もいく〜


Aはこんなに可愛くていい子なのに」








ある日、先輩方がそう言ったことがあった

ああ、いい先輩を持ったなあ、と思い、思わず笑みがこぼれた




私は大丈夫だという事を伝えれば、2人がぎゅうと私を抱きしめて頭を撫でてくれた



賢二郎もよくこうやって私を慰めてくれたな、なんて思いながら、私も控えめに先輩方を抱き締め返した




30.地味な"貴方"について(Akaashi side)→←28.巧妙な手口



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (523 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1574人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

@ゑの(プロフ) - 秋蛍さん» ご指摘ありがとうございます!!ああああなんという事を申し訳ございませんんん(;ω;)作者全く気づいておりませんでした、尾長くんですすみませんんん、 (2021年3月3日 19時) (レス) id: c4dd513e8f (このIDを非表示/違反報告)
秋蛍(プロフ) - あの…突然のコメントですみません!34話の長尾くんって人は尾長くんではないでしょうか?オリキャラならすみません! (2021年2月27日 9時) (レス) id: 29e99f8be9 (このIDを非表示/違反報告)
@ゑの(プロフ) - ドクさん» コメントありがとうございます!!ふへへ産みの親になれて光栄です(?)!!これからもどうぞすこでいてくださいよろしくおねがいします(´;ω;`) (2021年2月26日 19時) (レス) id: c4dd513e8f (このIDを非表示/違反報告)
ドク(プロフ) - スコティッシュフォールディングダイブっす…無理すこ…産んでくれてありがとうございます (2021年2月26日 8時) (レス) id: f0778d3186 (このIDを非表示/違反報告)
@ゑの(プロフ) - おみゅらいちゅさん» コメントありがとうございます!!ふあああ嬉しすぎますありがとうございます!これからもがんばりますよろしくお願いします!! (2021年1月25日 20時) (レス) id: c4dd513e8f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:@ゑの | 作成日時:2021年1月3日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。