検索窓
今日:129 hit、昨日:150 hit、合計:961,854 hit

28.巧妙な手口 ページ30


Tanahata side








女1「えー!


A、まだ部活決まってないの!?
もう部活見学終わっちゃったのに!?」




『ん、何ヶ所かは行ったんだけど、


あんまりピンとこなかったから』



女2「ほらー、だから女バレ行こうって言ったのに!A元部バレーでしょ?

入らないのもったいないってー、」



女3「よし!一緒にサカマネやろ!」



『…みんな、必死すぎ、』







放課後の教室、周りの席の女の子達とそんな会話をしていた




やはり多くの人が既に部活が決まっているようで、入部届け提出日の今日は皆部活にいく準備をしている人が多かった





正直バレー部の見学には行きたかったが、中学の記憶がなかなか頭から離れてくれず、行く勇気はでなかった




それに、もし選手になれば毎日練習だ。そうなれば歌手としての活動が出来ないことは目に見えていた




悩んだ挙句、茶道部などの見学には行ったが、新田さんにその事を告げれば、運動部の方がいいだのとぶつぶつ小言を言われた






まあ、これからも入部ができない訳では無い。ゆっくり自分に合う所を見つけたい、くらいに考えていた





.





赤葦「七夕さん」



『…貴方は……赤葦くん、ですよね』








次の日の放課後、今日も順調に帰る支度をしていれば、急に赤葦くんに声をかけられた


彼と話したことはなかったため驚いたし、やはり男子に話しかければ少し身構えてしまう



そういえば、赤葦くんがカッコイイと毎日言う友人が数人いた気がする。たしかに、近くで見ると分かるが顔が整っている







赤葦「あの、七夕さんに少し来てもらいたい場所があるんだけど、来て貰えるかな」



『…?

大丈夫ですけど…』




赤葦「…ありがとう

じゃあ、ついてきて」







その時は、何かの手伝いだろうかくらいにしか思わなかったし、まさか体育館に連れていかれるなんて、誰が想像できるだろうか








『…赤葦くん、ここは体育館ですけど


私に来てもらいたい所って、もしかしてここですか?』




赤葦「うん、そうだよ」








私は悪徳商法に騙されたかのような気持ちになりながら隣を見れば、さも当然のように彼は頷き体育館の扉を開ける









赤葦「お疲れ様です


白福さん、雀田さん、約束通り連れてきました」








そう言って彼はぐいと私の腕を引き、大勢がいる体育館へと引きずり出された









…この事は、2年生になった今でもずっと根に持っていたりする





29.梟谷学園高校男子バレー部→←27.頼まれ事(Akaashi side)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (523 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1574人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

@ゑの(プロフ) - 秋蛍さん» ご指摘ありがとうございます!!ああああなんという事を申し訳ございませんんん(;ω;)作者全く気づいておりませんでした、尾長くんですすみませんんん、 (2021年3月3日 19時) (レス) id: c4dd513e8f (このIDを非表示/違反報告)
秋蛍(プロフ) - あの…突然のコメントですみません!34話の長尾くんって人は尾長くんではないでしょうか?オリキャラならすみません! (2021年2月27日 9時) (レス) id: 29e99f8be9 (このIDを非表示/違反報告)
@ゑの(プロフ) - ドクさん» コメントありがとうございます!!ふへへ産みの親になれて光栄です(?)!!これからもどうぞすこでいてくださいよろしくおねがいします(´;ω;`) (2021年2月26日 19時) (レス) id: c4dd513e8f (このIDを非表示/違反報告)
ドク(プロフ) - スコティッシュフォールディングダイブっす…無理すこ…産んでくれてありがとうございます (2021年2月26日 8時) (レス) id: f0778d3186 (このIDを非表示/違反報告)
@ゑの(プロフ) - おみゅらいちゅさん» コメントありがとうございます!!ふあああ嬉しすぎますありがとうございます!これからもがんばりますよろしくお願いします!! (2021年1月25日 20時) (レス) id: c4dd513e8f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:@ゑの | 作成日時:2021年1月3日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。