占いツクール
検索窓
今日:280 hit、昨日:1,046 hit、合計:181,805 hit

復讐 ページ10

〜Aside〜









あれ?今何時かしら。


私はあの真っ白な部屋にいるんだけど、そこには時計がない。
それは、まだ気に入ったものが見つかってないから。条件は真っ白で黒が一切入ってないもの。わがままじゃないから。


『マネ、今何時?』

マネ「はっ?自分のスマホ見ろよ。」

『あっ、その手があったか。』


スマホに表示されたのは18:56。なんとも中途半端な時間……


てか、あと30分くらいで迎えに来るなぁ…。
もう、逃げるか。いや、逃げたらあとが大変だよな〜。


マネ「素直にそこに座って待ってな。涼太は後が怖いし。」

『だよね。』





マネに後押ししてもらい、ソファに座った私。なんか眠くなってきたな〜。


『マネ、30分後に起こして。』

マネ「いや、アラームかけとけ。」

『人に起こしてもらった方が起きれる。じゃ、おやすみ。よろしく。』





















マネ「お……、お…ろ、おきろ!!」

『まだ寝る。』

マネ「大樹が来たぞ。」

『起きる。』

マネ「嘘。」

『土に埋めたろうか?』

マネ「遠慮しとく。」


《トントン!》

マネ「涼太じゃね?」

『どーぞー。』


扉の奥に立ってたのは息を切らした涼太だった。どうしたら息切れする?トレーニングしてるよね??


涼「迎えに来たよ〜A!あっ、マネさんもいるじゃないっすか!お久しぶりっす!」

マネ「久しぶり、涼太。」

涼「やっぱり話し方、Aに似てきましたね(笑)」

『真似するなよ。』

マネ「お前が似てきたんだわ。」

涼「さすが仲良し(笑)」

マ/貴「「仲良くない!」」


てか、そろそろ行かないと。


『もう涼太、行くよ。』

涼「はーい、じゃあ失礼します、マネさんまた今度!」

マネ「涼太、そいつしばいといてな〜」


こんなに涼太と行くの嫌だったのに、マネのせいで自分から「行くよ。」なんて言ってしまった……

復讐→←復讐



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (265 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1179人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

レンレン(プロフ) - 佐野せーら。さん» 名前からして玲於くん愛が伝わってくるよ(笑) (11月29日 21時) (レス) id: 57fb4a6831 (このIDを非表示/違反報告)
佐野せーら。 - レンレンさん» そかそか!だよね、みんな好きよねwせーらはまじで佐野。w (11月27日 18時) (レス) id: 6621f5b0a4 (このIDを非表示/違反報告)
レンレン(プロフ) - 佐野せーら。さん» フツーにGENEファンとして嬉しかったの!玲於くんも好きだけど、皆好き! (11月26日 19時) (レス) id: 57fb4a6831 (このIDを非表示/違反報告)
佐野せーら。 - レンレンさん» 意地でもねwそれそれ、佐野多すぎて死ぬかと思ったw レンはれお好きなんだっけ? (11月26日 17時) (レス) id: 6621f5b0a4 (このIDを非表示/違反報告)
レンレン(プロフ) - TRIBE+E-girlsLOVE @Sisterさん» ありがと!移行したらじゃんじゃん復讐するつもり!! (11月26日 16時) (レス) id: 57fb4a6831 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:レンレン | 作成日時:2017年8月23日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。