占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:429 hit、合計:1,057,227 hit

62 ページ12

「Aさん、あの、何で急に?完全に落ち着いてからの方がいいのでは…」

驚く声に混ざって一番初めに問いかけてきたのは意外にもトントンだ。
具合が悪かった故にこちらをずっと気遣ってくれていたことも知っていたので不自然ではないが、彼に止められるとは思っていなかった。


『今のお話が確かなら早急に戻って職務を全うしなければなりません。もう少しで終わりそうなら然程戦況が激しい訳でもないでしょうから、明日の朝にでも出立すれば比較的安全に帰れると思います』
「うーん、朝でも安全とは言い切れないんじゃない?」
『あくまで比較的、です。本当は夜中に出立するのが一番なのですが、それはさすがにご迷惑になるので…』

微妙な顔をしているトントンとひとらんらんだが、その隣でオスマンは苦笑いを浮かべている。


「…まあAちゃんならそう言うよなぁ。そんな気はしてたわ」
『読まれていましたか』
「よう言うわ。そっちも読んどったやろ、俺が反対せんこと」
『そんなことはありませんよ。…突然保護していただいておいて何のお礼もできなかったことは心苦しいですが、自国が緊急事態ということでご容赦いただければ幸いです』

何と言われても帰らなければならない。
過激派達が本格介入を進める前にだ。
そしてさっさと外堀を埋めて参戦しないようにしなければならない。
マレーネが望まない限り、余計な手出しは新たな争いしか生まなくなる。
Aの決意は固かった。


「俺明日の朝空いとるし、アステールまでついてってもええよ。護衛的な感じで」
『いえ、ゾムさんには貴重な情報をお持ちいただきましたし、これ以上ご迷惑はかけられません』
「別に迷惑ちゃうけど。なあグルッペン」

話を振られたグルッペンは腕を組んだまま動かない。
Aも顔色を伺えば、閉じていた瞼をゆっくりと開いた。


「…帰るのか」
『はい。本当にお世話になりました』
「もう一日伸ばせないのか」
『明日の朝戻るのが状況的にも一番良いと考えます』
「…俺が居ろと言っても?」
『はい、戻らなければなりません。こちらの都合で振り回してしまっているのは十分承知しておりますので、その点はお詫び申し上げます』
「いや、いい。謝ってほしかった訳じゃない。…そうか、わかった」

わかった、という表情をしていないのだが。
至極微妙な顔のグルッペンにそうつっこむことはせず、Aは淡々と頭を下げた。

63→←61



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (596 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1166人がお気に入り
設定キーワード:○○の主役は我々だ! , wrwrd! , 実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はろ - 初コメ失礼します。今日初めてこの小説を見つけ一気に読んでしまいました。素敵な作品をありがとうございます! (5月10日 23時) (レス) id: 04eaede967 (このIDを非表示/違反報告)
すみれいん(プロフ) - あ、あの、エーデルが死ぬと思ってなくて思わず涙が……(T ^ T)作品好きです!ま、まさかのおおおおってなっておりますっっ! (4月26日 17時) (レス) id: 0dc2b364d7 (このIDを非表示/違反報告)
璃亜(プロフ) - フーさんさん» コメントありがとうございます。ボキャブラリー広いですか…!?まだまだ勉強不足な面もありますが、そう言っていただけて嬉しいです!ありがとうございます。続編もあるのでよかったらご覧になってみてください。 (2018年3月14日 21時) (レス) id: 97b5822f0b (このIDを非表示/違反報告)
フーさん - 主様のボキャブラリー広すぎるぅううう… (2018年3月14日 13時) (レス) id: c25a3a0724 (このIDを非表示/違反報告)
璃亜(プロフ) - 遊馬さん» コメントありがとうございます。まだまだ拙いですが、お褒めのお言葉とても嬉しいです…!お気遣いありがとうございます。次作もどうぞよろしくお願いします。 (2017年7月7日 14時) (レス) id: 97b5822f0b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:璃亜 | 作成日時:2017年5月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。