占いツクール
検索窓
今日:347 hit、昨日:400 hit、合計:1,057,958 hit

61 ページ11

愚痴を聞きつつ続けていたお茶会の会場にノックの音が響く。
入室の許可と共にやってきたのはゾムで、五人の様子を見て一瞬目を丸くした。

「四人も揃って何サボってん。俺一人寂しく偵察行っとったのに」
「休憩や休憩!こっちも大変やったの!」
「え、オスマン荒れとる、珍し。どうしたん」
「後で話すわ。それより遅かったな」
「ああ、まあちょっと寄り道してな」

これはこのまま報告が始まる流れか。
ということは自分はこの場に居ない方がいいだろう。
そう考えたAは立ち上がろうとしたのだが、その前にゾムとバッチリ目が合った。


「まあ本人おったしちょうど良かったわ。A、ええ話と悪い話あるけど、どっちから聞きたい?」
『私ですか?聞いてもよろしいので?』
「ゾムがいいと思うのならいいのだろう」
『では、いい話からお願いいたします』

グルッペンの許可が出たので座り直してゾムを見る。
彼はテーブルの上のカップケーキを一つ手に取ってかじっていたが、すぐに飲み込むと口を開いた。

「シャスティアはだいぶ消耗してるっぽいな。このままやったらもうちょいで終わると思うで。あとアステールの動向も見てきた」
『本当ですか?』
「おう。とりあえず物資の支援と一部隊だけ応援に行っとるっぽい」

なるほど、やはりこういう形になったか。
この程度の介入が一番丸く収まる。

「で、悪い話、と言うか微妙な話やな。ほんまかどうかは知らんけど、アステール内部はちょっと意見分かれとるらしくてこの期に本格介入したいと思っとる奴も居るみたいや。確かではないけどな」

あの過激派共め。
そう言いたくなる気持ちをぐっとこらえる。
これが嫌だから外側からあらゆる手を打ってこちらが有利になるように進めてきたのに。
恐らくエーデルが止めてくれてはいるのだろうが、自分も早いところ自国に戻った方がいいだろう。
何ならさっさと調停してしまいたい。


『…そうですか、ありがとうございます。できれば情報源も伺いたいところですが、恐らく今はお答えいただけないでしょうからやめておきます』
「わかっとるやん」
『ええ、ですのでそれはまたの機会に。…さて皆様、三日もお世話になり本当にありがとうございました。私達は明日祖国へ戻ろうと思います』

Aが突然そう告げて頭を下げると口々に驚いた声や疑問符が飛び交う。
少しだけ顔を上げると目を見開いているグルッペンの姿が視界に入った。

62→←60



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (596 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1168人がお気に入り
設定キーワード:○○の主役は我々だ! , wrwrd! , 実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はろ - 初コメ失礼します。今日初めてこの小説を見つけ一気に読んでしまいました。素敵な作品をありがとうございます! (5月10日 23時) (レス) id: 04eaede967 (このIDを非表示/違反報告)
すみれいん(プロフ) - あ、あの、エーデルが死ぬと思ってなくて思わず涙が……(T ^ T)作品好きです!ま、まさかのおおおおってなっておりますっっ! (4月26日 17時) (レス) id: 0dc2b364d7 (このIDを非表示/違反報告)
璃亜(プロフ) - フーさんさん» コメントありがとうございます。ボキャブラリー広いですか…!?まだまだ勉強不足な面もありますが、そう言っていただけて嬉しいです!ありがとうございます。続編もあるのでよかったらご覧になってみてください。 (2018年3月14日 21時) (レス) id: 97b5822f0b (このIDを非表示/違反報告)
フーさん - 主様のボキャブラリー広すぎるぅううう… (2018年3月14日 13時) (レス) id: c25a3a0724 (このIDを非表示/違反報告)
璃亜(プロフ) - 遊馬さん» コメントありがとうございます。まだまだ拙いですが、お褒めのお言葉とても嬉しいです…!お気遣いありがとうございます。次作もどうぞよろしくお願いします。 (2017年7月7日 14時) (レス) id: 97b5822f0b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:璃亜 | 作成日時:2017年5月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。