占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:193 hit、合計:38,199 hit

24 ページ24

.





「A」




週明け、いつもの様に会社に出勤し、階段を上がろうとした時に後ろから声を掛けられた。




「あ、小笠原くん。おはよう」

「おはよ。今日も階段?」

「うん、エレベーター人多かったから」

「じゃあ俺も」




私達の働く部署は、オフィスのビルの4階にある。


もちろんエレベーターで行った方が速いし楽だが、始業時間が近くなると、凄く混み合う。



通勤ラッシュの満員電車で揉みに揉まれた後、また同じ気分を味わうより、多少疲れてでも階段を使った方がマシだと思ったのは、入社して直ぐの頃。



他に階段を使おうなんて考える人はうちの会社にはいない様で、いつもは私の貸切状態。


でも、小笠原くんと出勤のタイミングが合った時は、こうして2人で階段で仕事場へと向かっている。




「あ、そういえば」

「ん?なに」

「この間行った飲み会に、たまたま小笠原くんの友達がいたんだよ」

「え、まじ?誰?」

「村田祐基くん」

「祐基か!すげー偶然だな」

「ね、びっくりしちゃった」

「あー、あいつ変な事言ってなかった?」

「変な事?別に言ってなかったけど…」

「ならいいや」

「?」




変な事と言われてもよく分からなかったが、特に心当たりは無かったのでそう伝えた。

そんな話をしているうちに4階の仕事場に着いた。





.

25→←23 sideYu-ki



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
202人がお気に入り
設定キーワード:超特急 , 村田祐基 , ユーキ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - みさん» コメントありがとうございます。たくさんの嬉しいお言葉恐縮です...!完結まで見届けて頂きまして本当にありがとうございました!番外編の方もよろしくお願い致します。 (2月25日 10時) (レス) id: 4f5277fea8 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - はじめまして、ほぼ毎日ドキドキしながら更新を待ってました!完結お疲れ様でした。ラストに近づくにつれて涙止まらなかったです…。完結してしまって寂しいですが、番外編も書かれるとのことで最後まで楽しみにしています! (2月25日 0時) (レス) id: 47a502277b (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - まのさん» まのさん、コメントありがとうございます。拙い文章ですが、これからも読んで頂けると嬉しいです! (10月17日 22時) (レス) id: 4f5277fea8 (このIDを非表示/違反報告)
まの(プロフ) - だいすきです…すごく大好きです…!更新楽しみにしています……! (10月17日 20時) (レス) id: 884b859a47 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2018年9月18日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。