占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:63 hit、合計:14,706 hit

クローバー:izw ページ1

私はQuizKnockのライターとして、伊沢さんの会社で働いています


そんな私は伊沢さんに恋心を抱いています

当然、伊沢さんは気づいてるわけがなく他のライターとサッカーの話をしています




寂しいし、眼中に無いのだろうな〜と分かっていても辛くて

諦められる訳もなくただ目で追ってしまう


そんなある日、私は誕生日を迎えた


いつものYouTube組が沢山祝ってくれてケーキもくれた


でも


kwkm「Aちゃん伊沢さん居ないの気になるん?」


『そんなにバレバレですか?』


sgi「絶望が顔に出てるよw」



『そりゃあ、今日は講演会ですからね』


そう、今伊沢さんは講演会で名古屋にいるのだ



fkr「今日中に帰ってこれるか分からないって言ってたもんね〜」


『頼むから傷を抉らないでください』


わかってるよ、わかってるけど





会いたい

この気持ちは日に日に募るばかりだ



微妙な気持ちで誕生日会を終え、気づけば夜になっていた


fkr「じゃあAちゃん、戸締りよろしくね〜」

『はい、お疲れ様でした!』


オフィスには私ひとりで、終電もきっとないのでお泊まりコースだろう



ため息をつきながらパソコンを閉じると、携帯に着信が


ディスプレイには"伊沢拓司"の文字が

→→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.0/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
69人がお気に入り
設定キーワード:QuizKnock , 東大王 , 短編集   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

零華(プロフ) - 間違えていました。名前の表記を直しました。ご指摘ありがとうございます! (6月3日 16時) (レス) id: 5e005dfc10 (このIDを非表示/違反報告)
匿名 - いざわさんなので、iswではなくizwではないでしょうか (6月3日 15時) (レス) id: 882a1c22c8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:零華 | 作成日時:2019年6月3日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。