占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:208 hit、合計:208,307 hit

第一章『誓約と契約』【1】 ページ2

誓約と契約



『―――――ようこそ、爛潺好肇譽広瓠



 真っ暗な世界―――――意識が混濁した中、誰かのそんな言葉が聴こえた。

 そうして目覚めると、目の前には猫のような姿をした奇妙なぬいぐるみが居たのだ。

「・・・爛潺好肇譽広瓠」

 ちょこんと、胸に手を当てながらお辞儀をしてみせたぬいぐるみを、瑠璃は困惑の表情で見つめる。

『―――――君は選ばれたんだよ。そしてここは狢嫗騰瓩竜朷豕粥宗宗宗宗臭沈黙する終焉(スリーピーアッシュ)瓩涼罅

「・・・狢嫗騰瓩竜朷豕粥ΑΑΕ好蝓璽圈璽▲奪轡紂」

 聞き慣れない名前に、思わずまた反復してしまう。

 眉根を寄せる 瑠璃 に対して、ぬいぐるみは告げてくる。

『君には、この中で引きこもって眠っている彼を目覚めさせて欲しいんだ』



 ―――――・・・引きこもりの吸血鬼

 果たしてそれは、どういう存在なのか

 そして、目の前のぬいぐるみは・・・



「・・・貴方は、牴伸瓩覆痢」

『ボクは、彼の一部、『力』の担当さ。――――とりあえず、案内するからついてきてくれるかな』

 当惑する瑠璃に、ぬいぐるみはそう言うと歩き出す。

 そこで留まる訳にもいかず、ランタンを手にしたぬいぐるみの後についていく。

 そうして迷宮のように入り組んだ路を誘導されるままに進んでいくと、やがて辿り着いた場所に在ったのは、真っ黒な箱のようなモノだった。

 

 その大きさは、ここまで自分を連れてきたぬいぐるみが入るくらい。

「・・・ねぇ、『力』くん。狢嫗騰瓩竜朷豕瓦里い觸茲泙濃笋魄篤發靴討れるんじゃなかったの? この箱は一体・・・」

『これを開ける事が出来るのは、爛潺好肇譽広瓩任△觀だけさ。さぁ、さぁ♪』

 ぬいぐるみの事を何と呼ぶか一瞬迷ったものの、そのまま呼びかければ、『力』は軽くステップを踏むように跳ねながらどこか楽しげに促してくる。

 とりあえず、言う事に従うしかなさそうだ。

 仕方なく、瑠璃はしゃがんで箱に手を伸ばしていく。

 その刹那―――――

「―――――っ痛・・・!?」

 箱に指先が触れた瞬間、熱を持った感覚とともに、そこから紅い雫が滲みだしていたのだ。

 そして、箱にその雫が零れ落ちた刹那、箱の四方に切り込みが入り、パカッとそれが開くと中から現れたのは―――――

第一章『誓約と契約』【1】→←第一章『誓約と契約』【0】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (79 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
160人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

マユ(プロフ) - ルルさん» とても嬉しいコメント、有難う御座います! 現在、最新シリーズでは原作の二巻をベースに執筆中な為。傲慢組や強欲組の登場はまだ先になってしまうと思うのですが・・・。私も彼らとの話は書きたいと思っているので・・・。気長にお付き合い頂けたら幸いです! (2018年4月27日 22時) (レス) id: 6997652f0b (このIDを非表示/違反報告)
ルル(プロフ) - すごく面白かったです!傲慢組や強欲組との絡みもどうなるか気になりました! (2018年4月27日 20時) (レス) id: f9398f263f (このIDを非表示/違反報告)
マユ(プロフ) - AAAさん» こちらこそ、ご丁寧に有難う御座います。 (2018年2月20日 23時) (レス) id: 6997652f0b (このIDを非表示/違反報告)
AAA - 返信ありがとうございます! (2018年2月20日 22時) (レス) id: ad871f5681 (このIDを非表示/違反報告)
マユ(プロフ) - AAAさん» AAAさん、コメント有難う御座います!面白いと仰って頂けてすごく嬉しいです! シリーズはパート4まで掲載中です♪続編を見るから、次のシリーズに飛べますのでどうぞよろしくお願い致します! (2018年1月15日 21時) (レス) id: 6997652f0b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:朱臣繭子 | 作者ホームページ:http://id28.fm-p.jp/14/Neovenetsia/  
作成日時:2017年5月21日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。