占いツクール
検索窓
今日:227 hit、昨日:102 hit、合計:118,882 hit

臆病な彼女 2 ページ35

あの後、一旦彼女を落ち着かせて、ゆっくりお風呂に入った後、私達は食堂に来ていた。

 別にご飯を食べに来たわけではなく、この病院には談話室のような場所がないため、食堂で話そうということだった。

「すみません。先程は取り乱して。あの、私、迷惑をかけてしまって……。ごめんなさい」

 ぐすぐすと鼻をすすりながら水色の髪をした少女が言う。

「別に気にしなくていいわよ。驚かせた私達が悪かったんだし」

「でも……」

「気にしなくていいわよ」

「私……、怖がりでちょっとした物音でもびっくりするぐらいで、さっきみたいに勘違いなんかも多くて……。勉強も運動も苦手だし、本当に駄目な子です」

 そう言って彼女は目を伏せる。

「ユ、ユカさん!」

 すると思いきったように顔を上げ、大きな声で言った。

「こんな私とお友達になっていただけませんか!?」

「は?」

 一瞬何がなんだか分からなかった。

「と、年も同じくらいだし、ユカさんも最近来たばっかりらしいですし、仲良くなれそうな気がするんです。それに、私一人じゃ駄目だから、誰かに居て欲しいんです……。だからお願いします!」
 
「あ……、えっと…………」

「いいじゃない。"お友達"になってあげたら?」

 くすくすとアリスさんが笑う。

 こういうときはどんな答えがいいんだろう。どう答えれば…………。

「うん」

 考えに考えてやっと出た最低限の2文字は、今にも消えてしまいそうだった。

「わあぁ……。嬉しいです!」

 それでも彼女は顔を真っ赤にして喜んでくれた。

「お友達、初めて出来ましたぁ」

「あ、よろしく、ね。えっと……」

「あっ、私のことはイートって呼んでください!」

 幸せオーラ全開。というのはこの事なのだろうか。こっちもついにやにやしてしまう。

 本当は私も初めての友達だから、同じくらい嬉しい。

 すると、大きな音を立てて食堂の入り口が開いた。

「あぁ! ユカここにいたんだ!」

 そう言って食堂に入ってきたその姿を見て、イートの表情が凍った。




 

臆病な彼女 3→←臆病な彼女



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (177 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
214人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 奇病? , 小説 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

空百合@募集企画運営のため低浮上(プロフ) - 続編移行ですね……!これからどんな患者たちが出てくるのか、患者たちの病気は治療されるのか、気になることがまだまだたくさんあります…… (6月10日 7時) (レス) id: 3dba0349b8 (このIDを非表示/違反報告)
恋姫*スカーレット#執事キャラ(プロフ) - 「ここにれば」では無くて「ここに居れば」では無いでしょうか? (6月9日 10時) (レス) id: dd46af3844 (このIDを非表示/違反報告)
あっしゅ(プロフ) - 初めて、オリジナル作品というのを読みましたが、とても面白いですね...!!!読みやすく、あまりgdgdしてる作品が苦手な俺にぴったりな作品でした!!楽しみにしてます!! (6月3日 14時) (レス) id: 9bd942e6c0 (このIDを非表示/違反報告)
空百合@募集企画運営のため低浮上(プロフ) - 現在更新されているの全部読みました…!占ツクで、こんなにもキャラを読ませてくる作品は初めてです。文章の書き方も私の好きなタイプで、一気に引き込まれてしまいました。更新楽しみにしてます! (5月20日 3時) (レス) id: 3dba0349b8 (このIDを非表示/違反報告)
空百合@募集企画運営のため低浮上(プロフ) - すみません。お話自体はとても面白いと思うのですが、「あぁ、神様 2」が抜けいるということはないでしょうか?早とちりでしたらすみません。 (5月18日 2時) (レス) id: 3dba0349b8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ひとまる☆GOGO | 作成日時:2017年10月8日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。