占いツクール
検索窓
今日:126 hit、昨日:18 hit、合計:46,252 hit

鍾愛 12 ページ13

「ごめんね…お待たせ…」


珍しく息を切らして肩で呼吸をしている太宰さんは整った顔立ちを歪めて途切れ途切れに謝罪した。


その顔を見て安心した。


(良かった…ちゃんと来てくれた。)


数十分前、私の約束なんかどうでも良くてすっぽかしてしまったのかという考えが頭をよぎった。
確かに太宰さんは遊び方が荒いし、他の女性に対する態度は知らないけど私の知る太宰さんは優しい人だ。


『大丈夫です。太宰さんなら来るって、ちゃんとわかってましたから』


そう云って微笑むと太宰さんは心なしか嬉しそうな顔をした。


「行こうか」


そう云って手を差し出した太宰さん。
不思議。私たちは恋人同士ではないのに私はその手を取った。骨張った自分より一回り以上大きい手に温かさと幸せを感じて歩く。


私は相当彼の熱に浮かされている。



_________



暫く街の中を歩く。すると太宰さんが不意に口を開く。


「そう云えば…今日の装い、君にしては珍しいね」

『あ…変ですかね』

「そんなことないさ、凄い似合うよ。君らしいんじゃないかな」


嬉しくて照れる。こんな事だけで照れてしまう私はもう末期ではないのだろうか。熱くてギュッと握る手の力を強くした。

俯いて歩いていると、またその視界に映る彼の服装が違うことに気付いてバッと顔を上げて覗き込む。
紺色のジーンズに、灰色のシャツ。その上から薄手の紺色のロングコートを着ている。


待って。…信じられない程格好いい。


すると太宰さんは笑う。


「なかなか有難い褒め言葉だよ」

『えッ、口に出てました!?』

「そりゃもうバッチリと」


最悪だ。私の好意が彼に知られてしまって引かれないだろうか。隠せ、私。
そう念じても、太宰さんにはバレバレだったと知らない私は愚かである。


そうして歩いているとお洒落なイタリアンレストランに着く。
女性に人気らしいカジュアルレストランで、中の客はカップルや女性がダントツ。テラス席に案内されると観葉植物と暖かく差し込む日の光が気持ち良い。


私はなにを頼むか迷い、女性人気No. 1と書かれたサーモンとアスパラガスのレモンクリームスパゲティとアイスティーを頼む。太宰さんは海老と蟹のトマトのスパゲティを頼んだ。

太宰さんは此処のティラミスが絶品だと追加で頼んでくれた。


『ふふ、そんなに食べれますかね』

「なら半分こする?」

『はい』

鍾愛 13→←鍾愛 11



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (111 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1706人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 文スト , 太宰治   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

桜雪(プロフ) - キャラメル味さん» ありがとうございます!頑張りますね、、、オチ楽しみにしててください! (6月4日 17時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)
キャラメル味(プロフ) - オチがしりたいです!これからも更新楽しみにしています頑張ってください! (5月31日 1時) (レス) id: e1584a2181 (このIDを非表示/違反報告)
桜雪(プロフ) - 栗芋さん» 私もです(禿同) (3月1日 14時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)
栗芋 - 私も中也に心配されてみたい(._.) (3月1日 13時) (レス) id: 56492bf036 (このIDを非表示/違反報告)
桜雪(プロフ) - 雑草と花さん» コメントありがとうございます。春雛ちゃん…今後の展開、楽しみにしててください! (1月30日 22時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜雪 | 作成日時:2020年1月25日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。