占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:7 hit、合計:21,843 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [完結]

嗚呼、この哀れな蝶の羽をこれ以上散らしていくというのか








いつか見えなくなる日々に何故、縋り付くのか。




わからない。









理解ならない。




感情がわからない。




故に、哀しむべきか、楽しむべきか、

理解する必要がある。







でも、



喪ったものは帰らない。


裏切り、裏切られた。








嫌い、嫌われた。



煩い耳鳴りを止めれたら、









いつか蝶は笑えるだろうか?

蝶の羽は綺麗だろうか?

華になれるだろうか?

強く咲く華になるだろうか?









それが、道理。



これはジレンマを抱える蝶が









嫌われる前、









散る前である。

この哀れな蝶の羽をこれ以上散らしていくというのか執筆状態:完結











おもしろ度の評価
  • Currently 9.64/10

点数: 9.6/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
101人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃、伊黒小芭内 , 裏切り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:永久 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/  
作成日時:2020年1月27日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。