占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:101 hit、合計:48,544 hit

10話 ページ10




「…夢……」


昔の夢を見た。
もう随分と前の話だし、おじさんおばさんの元から離れている今こんな夢を見たのは、きっと快斗くんと再会したから。

快斗くんに出会ったのは、あのすぐ後。
元の家に戻ろうとしたわたしが、公園にいたときだった。


あのときの快斗くんに、どれだけ救われたか。

今までわたしがずっと思いかえしていたくらい、わたしにとって快斗くんは大きな存在だったのだ。

いつの間にか寝てしまっていたわたしは辺りを見回す。ふと、宝石が目についた。


窓辺で月の光に照らされてきらきらしている宝石を持って、わたしは外に出た。
なんだか、外に出たくなったのだ。

今は夜の9時。今日は何かあったのか、なんだか少し騒がしいような気がする。


またあの公園に来てしまった。
ベンチに腰かけて、月に宝石をかざしてじっと見つめる。

角度を変えてきらきらする様を見ていると、昔のことを思いだして、なんだか泣きそうになった。というかもう涙が目に溜まっていた。


わたしがすん、と鼻をすすったとき。



「お嬢さん、こんな夜に外へ出ると危ないですよ」


突然、声が降ってきた。
ぱっと上を見ると、街頭に立つ人影がひとつ。

白のスーツにマント、シルクハット。

最近(ちまた)を騒がせている、有名人。


「怪盗キッド…!?」


わたしは目を丸くした。テレビや新聞とかで見たことはあったけど、本物は初めて。

ああ、そういや怪盗キッドファンの園子ちゃんが言ってたな、今日は予告状に記されていた日だって。
だから夜なのになんだか少し騒がしかったのか。


さっきまで感傷的だったのに、まさかの偶然なサプライズで全部吹っ飛んだ。


ぱちぱちと瞬きをすると、さっき溜まっていた涙が流れた。
その涙と一緒に、泣きそうだった気分も消えていった。

それくらい、月の光にてらされている怪盗キッドに、目も意識も奪われていた。





11話→←9話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (107 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
308人がお気に入り
設定キーワード:まじっく快斗 , 黒羽快斗 , 怪盗キッド   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みすと(プロフ) - 加々知 零さん» 黒羽快斗くん夢、書くのとても楽しかったです(つω`*)小説読んでくださりありがとうございます! (7月2日 22時) (レス) id: 2f6679e490 (このIDを非表示/違反報告)
加々知 零 - 。゚(゚´ω`゚)゚。快斗×夢主がヤバイよぉぉお!! (7月2日 21時) (レス) id: b33ef74fc2 (このIDを非表示/違反報告)
みすと(プロフ) - 木実こむぎ@Project KZ副隊長さん» 最後のセリフは絶対これで終わろう!って考えていたのでそう言っていただけて嬉しいです!本当に読んでくださり感想までお聞かせくださり、ありがとうございます!また何か書き始めたら覗いてってください(^^) (5月31日 19時) (レス) id: 2f6679e490 (このIDを非表示/違反報告)
みすと(プロフ) - 木実こむぎ@Project KZ副隊長さん» 初めまして!!わわ、最初の頃からですか!ありがとうございます(つω`*) 書き始めたときから決めていたことですが、書いてて辛かったです…早く報われろ!!って感じで書いてました(^^) 正直黒羽快斗くんとの絡みはうまくいったか不安でならないのですが…笑 (5月31日 19時) (レス) id: 2f6679e490 (このIDを非表示/違反報告)
木実こむぎ@Project KZ副隊長(プロフ) - 残っています。これからも頑張ってください!陰ながら応援していますv(*´>ω<`*)v (5月31日 19時) (レス) id: 7f9bbdec25 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みすと | 作成日時:2019年5月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。