占いツクール
検索窓
今日:14 hit、昨日:193 hit、合計:48,749 hit

33話 ページ33




「今日はな、俺も打ち明けに来たんだよ」


少し目を逸らして頭をかいてる快斗くんに、はてなマークを浮かべた。

快斗くん、何か隠してたのだろうか。

すると快斗くんは意を決したように口を開いた。


「俺、怪盗キッドなんだ」


短い、たったそれだけの言葉。
しかしそれは、わたしを驚かせるのには十分だった。


「…っへ、ええ!?」


最近(ちまた)を騒がせている怪盗が、怪盗キッドが、快斗くん?

あの白いスーツにシルクハット、キザな言い回し。
どれも、目の前で学ラン着てる快斗くんからは想像がつかなかった。

え、というか。


「今まで夜に会ってたのも、快斗くんだったのか…」


この公園に来たとき、予告された夜は決まって怪盗キッドが現れた。

あれも快斗くんだったんだ。うわ、なんか恥ずかしい。


「…けど、言っていいの?

怪盗って、ミステリアスなのが魅力的なんじゃなかったっけ」


以前怪盗キッドと会話したときのことを思い出す。
快斗くんは自分で言った言葉が恥ずかしいのか、ちょっと顔を赤くしている。


「なんでんな事覚えてんだよ…

そのミステリアスさを貫きたかった俺が正体バラして言ってんだよ、ちったあ察しろ」


ええ、そんなこと言われても。と返そうとしたが、ふとひとつの考えがよぎった。

その瞬間、わたしの顔が真っ赤になる。
わたしの反応を見て、快斗くんもまた顔を赤くしていた。


「…あー、そうだよ

おめーのことが、Aのことが好きなんだよ」


じっと目を見て言ってくるから、わたしも目を逸らせなくなる。
目がばっちり合うから、顔の熱が引かない。

快斗くんは何かがふっきれたのか、言葉を続ける。


「好きだから、隠しごとしたくねぇと思ったんだ

Aが俺に打ち明けてくれたみたいに、俺も言おうと思ったんだ」


そっか、そうだったのか。
快斗くんにとって1番の秘密だっただろうに、言ってよかったのか、と思った。

けど、その秘密を打ち明けてくれたのが、好きだって言ってくれたのが嬉しかったから、口を(つぐ)んだ。


「…わたしも」


好き。

わたしも、快斗くんのことが好きだって伝えようとした。
けれどそれは、快斗くんに人差し指で止められた。


「知ってる。

…けど、まだ言わないでくれ」


どういうこと?と、首を傾げる。

快斗くんの目は、月の光に照らされ揺れていた。







34話→←32話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (107 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
308人がお気に入り
設定キーワード:まじっく快斗 , 黒羽快斗 , 怪盗キッド   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みすと(プロフ) - 加々知 零さん» 黒羽快斗くん夢、書くのとても楽しかったです(つω`*)小説読んでくださりありがとうございます! (7月2日 22時) (レス) id: 2f6679e490 (このIDを非表示/違反報告)
加々知 零 - 。゚(゚´ω`゚)゚。快斗×夢主がヤバイよぉぉお!! (7月2日 21時) (レス) id: b33ef74fc2 (このIDを非表示/違反報告)
みすと(プロフ) - 木実こむぎ@Project KZ副隊長さん» 最後のセリフは絶対これで終わろう!って考えていたのでそう言っていただけて嬉しいです!本当に読んでくださり感想までお聞かせくださり、ありがとうございます!また何か書き始めたら覗いてってください(^^) (5月31日 19時) (レス) id: 2f6679e490 (このIDを非表示/違反報告)
みすと(プロフ) - 木実こむぎ@Project KZ副隊長さん» 初めまして!!わわ、最初の頃からですか!ありがとうございます(つω`*) 書き始めたときから決めていたことですが、書いてて辛かったです…早く報われろ!!って感じで書いてました(^^) 正直黒羽快斗くんとの絡みはうまくいったか不安でならないのですが…笑 (5月31日 19時) (レス) id: 2f6679e490 (このIDを非表示/違反報告)
木実こむぎ@Project KZ副隊長(プロフ) - 残っています。これからも頑張ってください!陰ながら応援していますv(*´>ω<`*)v (5月31日 19時) (レス) id: 7f9bbdec25 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みすと | 作成日時:2019年5月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。