占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:1,536 hit

三話 ページ5

ルーク「創さん、こっちにはブロンドの子もいますよ!」

創「ここで料理は出来そうな感じだな、ん?おや女の子達も居たのか、銀色とは珍しい、とりあえずどちらから起こすとするかね。」

マコト「あ、ポテチ取って。」

マミ「はいはい。どっちを最初に起こす?」

シマ「…ブロンドで…」

創「おい、君、大丈夫かい?」

椿「ん、あと五分んんん……」

創「永久的に寝かすか。」

マミ「ナツメ、君本当に馬鹿じゃないの?」

ナツメ「馬鹿なの知ってますー」

シマ「ヘイGM、そこに時計は?」

マコト「なるほど。」

マミ「ないよ。」

シマ「おー…」

創「仕方ない、二人とも起きるかもしれないが、大声か大きな音を出そう。」

マミ「そうだな、君達の気配で目が覚めたのか、銀髪の少女は胸の上の手を解いてゆっくり身体を起こし、寝ぼけ眼の青い瞳で見詰めてきます。」

少女「あの……私……ここは……」

ルーク「あ、気が付いた?」

創「俺もここがどこがどこだかわからない、君の名前は?」

マミ「君達が声をかけると少女は首を傾げ、不安げに周囲を見渡し今にも泣きそうな顔をしました。」

少女「ごめんなさい、名前とか……色々分からなくて……」

ルーク「えっと……とりあえず飴舐める?」

創「そうか…まぁ落ち着いて。」

ナツメ「そ、そろそろ椿の出番…」

マコト「もう一生起きなくていいと思う!」

マミ「はぁ、そうだな、創が声をかけた瞬間、むくりと向こう側のブロンドの女の子も起きたようですよ。」

創「ん?起きたかい?」

椿「んあー、、、ここどこ、、、!?」

シマ「GM、彼女達にチュッパを渡すぜ。」

ルーク「あ、気が付いた?とりあえず飴舐める?」

ナツメ「受け取らない。」

マミ「銀色の子はいらないって言って拒否るね。」

シマ「……チッ」

創「どこだかは知らないけど、君も知らないかい?」

椿「それより誰っ!?って君持って、君達も知らないの?」

ルーク「創さん、まず自己紹介ですよ。」

創「あらら、俺は創、嗚呼、目が覚めたらここにいた。」

ルーク「僕はルーク。同じく起きたらここに。」

椿「へぇ、私、轟椿。よろしくね。」

創「ふむ、椿さんか、よろしく。」

ルーク「椿さん、よろしくです。」

マミ「銀色の少女は涙目だ。」

椿「それより、その子涙目になってんだけど、泣かしたの?」

ルーク「君は彼女を知らないんだね?」

創「自分等と同様ここにいたらしくてね。」

椿「うん、知らないよ?」

四話→←二話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (20 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:クトゥルフ , リプレイ小説 , 雪の日のクリームシチュー   
作品ジャンル:ミステリー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜餅食いのウサギ | 作成日時:2018年7月11日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。