占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:1,532 hit

十八話 ページ20

レシピ
〜基本のクリームシチューの作り方〜
(材料)鶏肉、たまねぎ、にんじん、じゃがいも、ブロッコリー、バター、水、牛乳、固形ブイヨン、小麦粉、塩コショウ
(作り方)
鶏肉と野菜を一口大に切ってバターで炒めます。
火を止めて小麦粉を入れて混ぜ合わせます。
水、牛乳、固形ブイヨンを入れて煮立たせます。
塩コショウで味を整えて出来上がりです。

※材料は基本であり、他のものでも代用出来ます。

マミ「(確かに机の上にバター置いたままだったけど、悪くなったりしないかな…)」

創「後は固形ブイヨン探しか」

椿「いや、固形ブイヨンはもう見つけたよ。後は鶏肉と牛乳だよ」

ルーク「後少しってことだな」

椿「雌牛さんに頼めば牛乳貰えるかな」

創「じゃあ牛乳はいいとして後は鶏肉か」

ルーク「探し尽くしたはず」

椿「いや、リビングのハッチはまだだよ」

創「完全に忘れてたよ、うん」

椿「楽しちゃダメ、レシピ通り代用使わない方がいいね」

マミ「(流石、わかってるな)」

ナツメ「ゴミ袋の中に鶏肉入ってないかな?」

マミ「それ調べるためには生物学振らないとだめだよ」

ナツメ「やめておきます」

椿「ゴミ袋の肉、あれ人肉なのかどうかもわからない、鶏肉かな?それにしても手足が長すぎるような…うぇ、考えたくない」

マミ「いや、流石にあの肉食わせねーからな?ロストさせんぞ?」

ルーク「雌牛に牛乳を貰う」

創「絞ったことないぞ」

椿「そ、そこは気合で行けば何とかなるかな?けど今なら雌牛さんとコミュニケーション取れる気がする!」

ルーク「おいおい」

創「お、うん、がんばれ」

ナツメ「GM」

椿(70)??

椿「(少女は何か不気味な雰囲気を放っているぞ)
そうしようか、気を付けてね。どっかから嫌な視線を感じるんだけど、一組になっていた方がいいね。」

ルーク「まぁ確かにさっきから嫌な予感はするな」

創「あーなるほどね、とりあえずどっから調べようか」

ルーク「二人とも、用心しな」

創「おう」

椿「…へーい」

ルーク「まぁその万が一が起きなきゃいいけどな」

マミ「寝室に戻ったよ」

創「雌牛は相変わらずいるな」

椿「三面鏡にメモあるかな?ここにいる人メモ好きっぽいしね」

マミ「椿開ける?」

創「自分が開ける」

ルーク「気をつけろよ」

マミ「三面鏡を開くと、今まで大人しかった雌牛が何かを訴えるように鳴くよ」

ルーク「ってなんだ?」

創「お」

椿「んー?どうしたんだろ?どーどー」

十九話→←十七話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (20 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:クトゥルフ , リプレイ小説 , 雪の日のクリームシチュー   
作品ジャンル:ミステリー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜餅食いのウサギ | 作成日時:2018年7月11日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。