占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:5 hit、合計:9,573 hit

先生 (トミー) 2 ページ6

「…あ…えっと」

教室にいるのは富永先生だけだと思っていたので
どうしていいかわからず立ちすくんでいる私に
その女子が声をかけてきた

「あ…ごめんね!急に
私も、富永先生に勉強教えてもらいたくって…
ダメ…だったかな?」

そう申し訳なさそうに私の方に駆け寄る
その女子に、私は勢いよく首を横に振った

「あ、良かった〜!
じゃあ、一緒に勉強しよ!Aちゃん!」

「え…どうして私の名前…」

「お、A、こいつと知り合いだったのか?」

私の声を遮るようにして富永先生が
そう聞くと、その女子が間髪いれずに

「はい!実は仲良しなんですよっ、ねー?
Aちゃんっ♡」

と言って私に向かって、微笑んだ

その笑顔が少し怖くて、私は今度は黙って
縦に首を何度か振った

「そっか…まぁ、勉強するんだから
真面目にやれよ」

「はぁーいっ♡」

「…はい」

その後の勉強会は、きっと集中して普通にできる…
かと思ったのは間違いで…

「あの、富永せんせ…」

「トミー先生〜!ここ!教えてくださいっ!」

私が富永先生に質問しようとしたら
間違いないと言っていいほど私の邪魔をする
かのように、富永先生に質問しようとしてくる。

…トミーっていうのは、富永先生が
みんなから呼ばれてるあだ名

…私はなんだか恥ずかしくて呼ばないけど
…やっぱり、呼ばれた方が嬉しいのかな
富永先生は、あのもう1人の女子につきっきりで
私の方には見向きもしない。

それに…

「トミー先生!できた!」
「お、よくできてんじゃん!」

ほら、ああやって頭撫でるの
私だけじゃなかったんだ…

そりゃあ、先生だから
誰かを特別扱いしてるわけじゃないことくらい
心のどこかでは分かってた

けど、やっぱり胸が苦しい。

勉強をしにきたはずなのに
気づいたら、ずっと富永先生のことばかり考えていた。

先生 (トミー) 3→←先生 (トミー) 1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
72人がお気に入り
設定キーワード:水溜りボンド , YouTuber , YouTube   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

マリン - シンデレラの話すごく良かったです!あとリクエストなんですけど、カンタくんとみんなには秘密で付き合ってる設定の話が見てみたいです!出来たらでいいのでお願いします! (4月30日 19時) (レス) id: f743f30378 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 最高過ぎました!!トミーさんのもっとみたいです!! (4月22日 17時) (レス) id: 5fbdf69980 (このIDを非表示/違反報告)
ふなっちぃ(プロフ) - 匿名さん» コメントありがとうございます。すぐに対応させていただきました。 (4月22日 16時) (レス) id: 7686772828 (このIDを非表示/違反報告)
匿名 - この作品はオリジナルフラグ対象作品ではありませんのでオリジナルフラグを外してください。 (4月22日 16時) (レス) id: 34346084b5 (このIDを非表示/違反報告)
黄色 - 良かったです。これからも頑張ってくださち (4月22日 16時) (レス) id: 2a718ccb0f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ふなっちぃ | 作成日時:2017年4月20日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。