占いツクール
検索窓
今日:47 hit、昨日:31 hit、合計:131,291 hit

残り香 たつ2 ページ32

離れがたくて準備をする時にまで
無理矢理一緒におった。
俺がしたい、言うてもいつもは恥ずかしがるくせに
今日はまた「しゃぁないな」と笑ってくれた。

シャワーに打たれながら
グズグズになるまで鳴かせて
湯船のなかで繋がって逆上せた。

口移しで飲んだ水は
隆平の体温を含んでる。

さらりと冷えたシーツもすぐに汗で湿っていく。
わざとええとこばかりに触れて含んだ。

「たぁ、、、おねが、ぃ、いれて」

柔らかな甘い声が
掠れて色を含むまで焦らして
涙目になったところに突き立てる。

溶かして溶けてひとつのカタマりになれへんやろか。

何度抱き合っても同じことが頭に浮かぶ。
このまま隆平のなかに沈んでいけたらええのに。
隆平の体のなかで胎児のように
丸まって生きていけたらええのに。
でも体のなかにおったら抱き合えんか。

あぁ。
俺もやっぱり大概やんな。

押し寄せる快感にやがてなんもかんもどうでもよくなって
薄いラテックス越しに
行き先のない種を吐き出す。

自分に子供おるとこなんて想像できひんけど
訳のわからん欲が
ぬいぐるみに巡っていくなんて
思いもせんかった。

グシャグシャに抱きあって
絡み合った姿も
イヤラシく喘いだ声も
静かに見ている俺らの分身とクマ。
恥ずかしいから見んといてくれ。

つがいのぬいたち。
並べる俺をちょっと呆れながら隆平が見とったな。
呆れてた、というより切ない顔しとった。

「俺、生めへんからなぁ」

ポツン、と言った横顔。
あぁ。あれから煙草の本数増えたな。
ごそごそと処理をしながら
そんなことを思いだしてた。

「ちょっと待っとれ」

くったりと伸びている隆平に声かけたら
うつ伏せたまま静かに泣いてる。

「どしたん?」

くしゃくしゃになった髪を手で鋤いてやると

「んー。ちょっと情緒不安定」
たぶん闇に落ちる3歩くらい手前。

妙な自己申告やけど
たぶん3歩じゃなくもうギリギリんとこ。
勝手に落ちんでくれんようになった。
それが嬉しい。

「俺が女の子やったらよかったのに」
「娘、生んであげたかったわ」

どうしようもないこと。
答えなんかない。
永遠に俺たちにつきまとう。

「ええねん。りゅぅに手かかるから」
「俺は子供か」
「子供やったらこんなんできひんやろ」

ちゅっ、と小さなお尻にキスしたら
身を捩って少し笑った。

「覚悟の上やろ」
「せやな」

これまでもこれからも幾度となく繰り返される
俺たちの誓いの言葉。

残り香 たつ3→←残り香 たつ1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (167 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
474人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 大倉忠義丸山隆平 , たちょまるまるくらくらまる   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

cayochi(プロフ) - さやさん» んふふ。大活躍! (11月27日 22時) (レス) id: 89ed3d2d70 (このIDを非表示/違反報告)
さや(プロフ) - やっぱりコタツ買って正解でしたね^ ^ (11月27日 22時) (レス) id: 806d5009ef (このIDを非表示/違反報告)
cayochi(プロフ) - (名前)ゆーきゃんさん» 着てますよ?たぶん。たぶんですけどね。風邪ひきますからね。たぶん (11月27日 16時) (レス) id: 2aa731405a (このIDを非表示/違反報告)
cayochi(プロフ) - めろんぱんさん» え?ほら、コタツで寝落ちすると体痛くなるじゃないですかぁ (11月27日 16時) (レス) id: 2aa731405a (このIDを非表示/違反報告)
(名前)ゆーきゃん(プロフ) - こたつの中は裸でしょうか…?気がかりです (11月27日 16時) (レス) id: 9b0edcc515 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:cayochi    | 作者ホームページ:   
作成日時:2019年8月17日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。