占いツクール
検索窓
今日:47 hit、昨日:31 hit、合計:131,291 hit

髭 たつ2 ページ18

結局。

俺たちはいつものカタチになった。

受け入れたいのに臆病な俺の体は
隆平のソレを締め付けて押し出したから。

「俺がヘタっぴやったから」
隆平はシュンと眉毛を下げたけど
怖くてたまらなくなっただけ。

痛みへの恐怖じゃなくて
快感への恐怖。
溺れてしまいそうやった。
扉を開けてしまったら、きっと戻れなくなる。
隆平はどっちがええんやろ。
なぁんも考えずに抱いてきたし
それが普通やと疑いもしなかった。

もしも。
隆平がしたいと言ったら。
今まで抱いてきたほうやったとしたら。
まぁ、俺の知ってる範疇やったらそれはないけど。

隆平がしたいならそれでも・・・ええ、よ。

「りゅぅ、どっちがええ?」

選んで。
どんな隆平でも愛してるから。

「いつもみたいにシテ。
やっぱり俺はたぁのネコさんがええ」

へにゃん、とした情けない笑い顔で
俺に手を差し出す隆平を抱き寄せた。
ゴワゴワ髪も肌に刺さる髭も
男の匂いを放つ汗さえも
この世で一番愛らしく思える。

たぁ、んっ、、

勃ちっぱなしのソコを掴んだら
甘い声が漏れた。

スイッチが切り替わって暴走しそう。

さっきまで雄々しかった髭面が歪んで喘ぐ。
向い合わせで攻め続けるのは
顔を見てしたいから。

求めて求められて、繋がる。
ソコが隆平に沈む頃には俺の奥底の疼きは消えて
目の前の可愛い子猫を可愛がるのに夢中になった。



お互い欲を吐き出した後

「たぁ、可愛かったのにな」
残念そうに隆平が呟く。

「どうなるのか見てみたかったのに」
「ええよ、そんなん見んで」
「まぁ、ええか。たぁの違う顔、ちょっと見れたし」

「なぁ、りゅぅはホントはどっちがええの?」
思いきって聞いてみる。

「んー。わからん」
「え?わからんて何で?」
「シタコトナイモン」
「へ?」
「シタコトないの。そっち。やからわからん」

真っ赤になって答える隆平に正直ほっとした。

やって、あるって言うたら
あの人たちってことやろ?
それってちょっと・・・なぁ?

「たぁがしたいんなら頑張ってもええで」

ひひひ、って笑う悪い顔。
いつぞやの弁護士さんの役みたい。
あれ?
あん時どうしてたっけ?

ちゅっ、と言葉の合間にキスをするたび
ざらりと髭が肌に触れる。
こそばゆい、けどやっぱりちょっと気持ちええ。

ヤバイ。

これはこれで癖になりそう。
出そうになった甘い声を慌てて飲み込んだ。

髭、その後 りゅう→←髭 たつ1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (167 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
474人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 大倉忠義丸山隆平 , たちょまるまるくらくらまる   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

cayochi(プロフ) - さやさん» んふふ。大活躍! (11月27日 22時) (レス) id: 89ed3d2d70 (このIDを非表示/違反報告)
さや(プロフ) - やっぱりコタツ買って正解でしたね^ ^ (11月27日 22時) (レス) id: 806d5009ef (このIDを非表示/違反報告)
cayochi(プロフ) - (名前)ゆーきゃんさん» 着てますよ?たぶん。たぶんですけどね。風邪ひきますからね。たぶん (11月27日 16時) (レス) id: 2aa731405a (このIDを非表示/違反報告)
cayochi(プロフ) - めろんぱんさん» え?ほら、コタツで寝落ちすると体痛くなるじゃないですかぁ (11月27日 16時) (レス) id: 2aa731405a (このIDを非表示/違反報告)
(名前)ゆーきゃん(プロフ) - こたつの中は裸でしょうか…?気がかりです (11月27日 16時) (レス) id: 9b0edcc515 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:cayochi    | 作者ホームページ:   
作成日時:2019年8月17日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。