占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:3 hit、合計:65,151 hit

16 猫の主 ページ17




「あたしらも触るー」

「失礼、主」

「失礼いたします」


 大太刀さん達も混ざってきて、さっきよりがくぶるしてしまう。大きな方々に囲まれてしまった。


「もう! 主が怖がってるじゃん! 囲まないの!」


 ひょいっと、次は清光に抱えられる。細くて私と身長が変わらないのに、私を軽々と持てるなんて吃驚だ。


「そういう君も短刀に混ざって触っていたじゃないか」

「うっ」


 燭台切さんに指摘されて、清光は申し訳なさそうに「ごめん、主」と謝った。気にしなくてもいいと首を振る。


「ところで主。近侍は誰になさるおつもりですか?」


 そこで口を開くのは、手を引っ込めたへし切長谷部さん。
 気のせいか、清光とへし切長谷部さんが火花を散らすように睨み合った。


「清光にお願いしようかと思っています、いいですか?」


「俺!? やった!!」


 清光は大喜びをして、私を抱き上げたままくるりと回る。思わずひしっとしがみ付いた。抱えられるのは慣れているけれど、回られるのは怖い。
 へし切長谷部さんは「っ……主命であれば……」と膝から崩れ落ちた。大丈夫かにゃ。


「今日は初日ということで出陣はなしです。明日は頼みますので、よろしくお願い致します」


 清光に降ろしてもらってから、一礼する。
 それぞれの返事を貰って、頷く。挨拶はこれくらいで解散した。とは言え、殆どが残って私を触りたがる。
 清光が唸って牽制してくれた。


「あるじさま、けまりをしましょう」

「蹴鞠……しましょう!」


 蹴鞠を持ってきたのは、今剣くん。
 私は喜んで差し出された蹴鞠を持つ。
 短剣の皆様が「私も」「僕も」と手を上げた。
 球遊びが出来ると、私も喜んだ。


終わり ログインすれば
この作者の新作が読める(完全無料)


←15 猫の主



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (137 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
299人がお気に入り
設定キーワード:とうらぶ , 刀剣乱舞 , 人外
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

羅亥魅@文アル布教したい。(プロフ) - 何か終わりになってるぅぅぅ、えっもうコレ終わりなの この小説終わりなのぉッお願いします続けて下さい(土下座) (2018年7月19日 16時) (レス) id: f2314de1fa (このIDを非表示/違反報告)
BENI(プロフ) - 柚希さん» 微笑ましい、ありがとうございます! またいつか続きを書きたいですね。微笑ましい日常が、書けますように! (2017年7月28日 16時) (レス) id: df61bdf79c (このIDを非表示/違反報告)
柚希 - 微笑ましい作品にくぎ付け(*´ω`*) (2017年7月28日 9時) (レス) id: 24182f5998 (このIDを非表示/違反報告)
BENI(プロフ) - RUMさん» ボクでしたか!失礼いたしました、直しておきますね! (2017年7月28日 8時) (レス) id: df61bdf79c (このIDを非表示/違反報告)
RUM - 13話の、乱ちゃんの一人称は ボク ですよ (2017年7月27日 21時) (レス) id: f2bcadd75b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:BENI | 作成日時:2017年7月14日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。