占いツクール
検索窓
今日:44 hit、昨日:308 hit、合計:344,518 hit

化け物が百十六匹。 ページ29

「おまえは臆病だよ。俺が保証する」
「ッだから!!俺のどこが臆病なんだよ!?」



ニヤニヤと今までと打って変わって腹立つ笑みを浮かべるクソワカメに、ガンッ!と机を両手で殴りつけて怒鳴ると、ソイツは怯むことなくそうだな……と呟いた。




「いくつかあるが最大の理由は、USJのときのことだな」
「あ?!」
「覚えてるか?おまえ、敵に言われてただろ。声を返して欲しけりゃオールマイト死ねって命令しろと」
「……あァ」
「でもおまえは従わなかった。んで叫んだ。オールマイトに殺されろって」




嫌な記憶を思い出して思わず顔が歪む。

するとクソワカメは俺の目を見て言った。




「その時おまえ、個性使わなかっただろ」
「!!」
「あの時おまえは個性を使えた。オールマイトに殺されろと個性を使って命令することができた。だがお前はしなかった」
「……」
「俺はまだあの時おまえの個性を知らなかった。だからあの瞬間確かに敵の個性は消したが、おまえの個性は消してなかった。……それが何を意味するのか」




クソワカメの目から目が離せねェ。
そうだ、確かに俺はあの時個性を使わなかった。そういえばなんでだ。使えば良かったのに。それで命令すれば良かったのに。


自分でもわからないその答えをクソワカメはバッサリと答えた。




「簡単な話だ。おまえは怖かったんだよ。自分の個性がバレるのが。自分の個性(ちから)で人を殺すのが」
「……ッ!」
「そうだろ?」




ソイツの答えがストンと腑に落ちた。そうなのか。俺は怖かったのか。でもそれを認めてしまえば、俺が臆病だということも認めることになる。それは嫌だった。




「そんなんじゃ__」
「それだけじゃねぇ。おまえは個性把握テストの時も躊躇っただろ。周りの奴らとの距離もある程度離れてて、個性使うのだって一瞬で、バレる確率もとことん低いのにだ」
「ッテメェなァ……!!」




俺の否定の言葉を遮り、まるで無かったかのように話を続けるクソワカメに苛立ちが募る。だがコイツの言うことも確かに正しかった。




「そして決め手は体育祭、トーナメントの一回戦。おまえは爆豪に言ったな?『今ここで個性を使うぐらいなら、死んだ方がマシだ』と」
「……」
「死んだ方がマシ、ね……。これを臆病と言わずなんて言うのか、ぜひ聞かせて欲しいんだが」
「…………」





ついに黙り込んだ俺に、クソワカメはまたニヤリと余裕な笑みを浮かべた。

化け物が百十七匹。→←化け物が百十五匹。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (692 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1340人がお気に入り
設定キーワード:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あげあげ! - 主人公のツンツンデレ具合がちょうど良すぎて死にそう(吐血) (7月16日 23時) (レス) id: 94845ca325 (このIDを非表示/違反報告)
●龍●(プロフ) - うふさん» あなた様にこの小説が読み返されていることがとても幸福です!確かにみんな格好良いですよね…! (7月14日 13時) (レス) id: 5b64b63f06 (このIDを非表示/違反報告)
うふ - 読み返すたび毎度思う、全キャライケメン。 (7月12日 3時) (レス) id: 54f25622c3 (このIDを非表示/違反報告)
●龍●(プロフ) - 餅原 葵さん» 初めまして、コメントありがとうございます!一之瀬君が人気でとても嬉しいです…!そう言っていただけて本当に有難いです!更新頑張らせていただきます! (7月3日 18時) (レス) id: 5b64b63f06 (このIDを非表示/違反報告)
●龍●(プロフ) - あいあむさん» コメントありがとうございます!自分も、この作品を愛してくださっているあなた様を愛しております!! (7月3日 17時) (レス) id: 5b64b63f06 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:●龍● | 作成日時:2017年12月25日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。