占いツクール
検索窓
今日:80 hit、昨日:314 hit、合計:343,624 hit

化け物が百ニ匹。 ページ15

「「?!」」

「へ?!」



かなりの勢いで飛んで行った机は、ピンポイントで透明人間の真正面に辿り着く。

だがぶつかる直前で、赤髪のヤツが庇うように前に立ち腕を硬化させて机を弾いた。

ばき、と嫌な音が教室に響く。




「っぶねぇ!」
「わ、ありがとう切島!」
「おうよ!……っておい!急にどうした一之瀬!当たったらどうすんだ!」
「うるせェェェェ!!」




叫んだ俺の耳に、小さく呟いた轟の声が聞こえた。




「一之瀬、照れてるんじゃねぇか?」
「え、俺照れ隠しで机ぶん投げる奴初めて見たんだけど」
「ツンデレ?」
「ツンギレだろ」
「違ェよバアアアカ!!テメェら全員机の角に頭打って死にやがれ!!」
「げ、まさかの二投目?!」
「嘘だろ?!落ち着け一之瀬!!」




もう一つ近くにあった机を掴んで投げようと構えると、ソイツらは慌てて俺を止めにかかる。




「ああああああ!!」





けどそれを無視して、腕を大きく振りかぶった瞬間。



ダン!と教室の扉が開き、全員が静まり返った。





「……」

「「おはようございます!!」」




クソワカメの登場で、俺以外の全員が声を揃えてデカイ声で挨拶をする。

うるせェな、と持っていた机を落として耳を塞ぐとソイツはギッと俺たちを睨んだ。




「時計を見ろ。おまえら、HR開始の鐘が鳴ってから一体何分経ったと思ってる」
「す、すいません!」
「どうしてもやりたいことがあって……」
「……はぁ。時間は有限だといつも言ってるだろうが。おまえらには無駄にしていい時間なんてないんだ。なにより、ヒーローを目指す人間が時間も守れないんじゃ話にならん」




つらつらとうざってェ言葉を並べたクソワカメに、クラスのヤツらは俯いて今度は小さくすいませんと呟く。

それにクソワカメはもう一度深いため息を吐いて、気をつけろとだけ言うと、今度はじっと俺の目を見た。





「……んだよ。見てんじゃねェよこの野郎」





何を言われるのかと身構える俺に一言、ソイツはばっさりと告げた。






「一之瀬、おまえ放課後俺んとこ来い」
「あ?!」
「拒否権はねぇぞ」
「ッふざけんな!ぜってェ行かねェ!!」





他のヤツらからは、クソワカメは俺が机を投げたことに対して怒っているように見えてるんだろう。
だから放課後に呼び出して、一対一で叱るんだと。




けど実際は違う。



コイツは俺に聞くつもりだ。






俺の、個性についての話を。

化け物が百三匹。→←化け物が百一匹。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (691 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1340人がお気に入り
設定キーワード:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あげあげ! - 主人公のツンツンデレ具合がちょうど良すぎて死にそう(吐血) (7月16日 23時) (レス) id: 94845ca325 (このIDを非表示/違反報告)
●龍●(プロフ) - うふさん» あなた様にこの小説が読み返されていることがとても幸福です!確かにみんな格好良いですよね…! (7月14日 13時) (レス) id: 5b64b63f06 (このIDを非表示/違反報告)
うふ - 読み返すたび毎度思う、全キャライケメン。 (7月12日 3時) (レス) id: 54f25622c3 (このIDを非表示/違反報告)
●龍●(プロフ) - 餅原 葵さん» 初めまして、コメントありがとうございます!一之瀬君が人気でとても嬉しいです…!そう言っていただけて本当に有難いです!更新頑張らせていただきます! (7月3日 18時) (レス) id: 5b64b63f06 (このIDを非表示/違反報告)
●龍●(プロフ) - あいあむさん» コメントありがとうございます!自分も、この作品を愛してくださっているあなた様を愛しております!! (7月3日 17時) (レス) id: 5b64b63f06 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:●龍● | 作成日時:2017年12月25日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。