占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:0 hit、合計:32,304 hit

ストーリー61 ページ11

でもね……


あ「私ひとりでなんとかするよ。ありがとうゆきちゃん」


これは、人に相談するものじゃないと思うんだ。


たとえゆきちゃんでも、ここは頼るわけにはいかないよ。


笠「……あ、そ…」


あ「うん」




笠「……こーゆう時は、ちゃんと喋れんだな、お前」


………?


あ「こんな時…?」



笠「いつもは、おどおどしてあんま言えねえのによ」





笠「……ま、でも、そんだけ大事なこと、ってことか…。









………残酷だな、Aは…」








……ざん、こく…?



ゆきちゃんがなにを言っているのかさっぱりわからない私は、頭にはてなを浮かべるばかり。


あ「ゆきちゃん、なに言ってるの…?」




私がそう言うと、ゆきちゃんは

じっ、と私を見据えて…




笠「………あんなヤローにたぶらかされて、浮かれてんじゃねーよバーカ」








…………。





ムカ。





…なに言ってるの?って聞いたのは私だけど、

なにもこんな喧嘩腰に言わなくてもっ…!



あ「別に、浮かれてなんかないし、たぶらかされてもないから。


黄瀬くんのことそんな風に言わないで」


笠「ふーん、へー…。んじゃあ、なんで返事保留になんかしたんだよ。告られて浮かれてる証拠じゃねえのかよ」


明らかに戦闘態勢のゆきちゃん。

負けるもんか。



あ「黄瀬くんの誠実さには、こっちも誠実に返さなきゃって思ったからだよ。ちゃんと考えてからお返事するよ」



笠「……考えてから?

は?…なに、お前、あいつと付き合うつもりなのか?」


あ「それがわかんないから保留にしたんじゃん。私にだって色々あるし…」

笠「色々…?なんだよ、色々って…」

あ「色々は色々だよ。ゆきちゃんには関係ないこと」

笠「なっ…、てめっ…!!」

あ「黄瀬くんを悪く言う人には、絶対に言わな…」


だんっ!


あ「痛っ…!」


言い切る前に、私の肩を床に押しつけて覆いかぶさってきたゆきちゃん。


あ「ちょっ…と、ゆきちゃんどいてっ」


笠「お前…、体育祭の日、俺になんて言った…」





体育祭の日…?

ストーリー62→←ストーリー60



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (75 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
203人がお気に入り
設定キーワード:黒バス , 笠松幸男 , 黄瀬涼太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

うたプリ大好き?(プロフ) - 楽しみにしています! (9月10日 19時) (レス) id: 48370e286a (このIDを非表示/違反報告)
14がすき(プロフ) - うたプリ大好き?さん» 大変遅くなってしまい申し訳ございません。だいぶ離れてしまっていたんですが、頑張っていこうと思います。コメントありがとうございます!よろしければこれからもこの作品をよろしくお願いします! (9月9日 22時) (レス) id: c8accdc037 (このIDを非表示/違反報告)
うたプリ大好き?(プロフ) - 続き気になってます もう更新されないのでしょうか? (6月30日 16時) (レス) id: 48370e286a (このIDを非表示/違反報告)
地味って便利 - 笠松先輩イケメンですね!楽しみにしてます。頑張ってください (2017年7月15日 22時) (レス) id: 3582ac3c0b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:14がすき | 作成日時:2017年5月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。