占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:52,475 hit

謝って三十回目 過去編 ページ34

NOside

桜田A、今はとても幸せな暮らしをしているそうだが…

彼女には辛い過去があった。では、それを見ていこうか。

彼女の家族は父、母、まぁ後々妹、だが、まず生まれて来たときの様子を見ようか。

生まれてきたときは病気もなく、外見も、少し髪が茶色っぽいだけで、大きくなってもそれでいじられるのはなかった。

まぁ、その3年後に妹が生まれたんだがな。この妹が小学2年生に進級するとき…Aが5年生のときからの話だ。

5年生になったAは、同性、異性のどちらも友達が居て、不自由なく暮らしていた。

まあまあ勉強も出来たし、先生からの信頼もあった。

この時までは。

ある日寝付けなかったAは、リビングへ向かっていた。

A(ん…?誰か居る…?)

A(あ、お父さんとお母さんか。)

父「妹は良くできているがAは…


母「別に良いじゃない。成績はトップではないけど3位には入るわよ。」

この夫婦は成績表を見て言った。
父親の言動から全ては始まった。

いや、少し後から始まりかな。だってまだこの時の彼女は何も気にしていなかったから。

彼女が気にし始めたところからこの物語は始まったからな。





…次は 一週間後位だったかな。
彼女は妹と父親と家に居た。

忘れていたが、妹の名は雪華(ゆきか)という。

父「雪華!お父さんとお出かけしないかい?」

妹「お出かけするー!お姉ちゃんは?」

父「ああ、Aは別にいいんだ。」

結局父親と妹は2人で出かけてしまった。

Aは、自分がなんで連れて行ってもらえないか、考えを巡らせた。

それで、彼女は自分は嫌われているのではないか、と考えた。

A(ああ、だから自分はあの時お父さんにあんな風に言われていたんだ。)




その次の日。
Aは思い切って母親に聞いてみることにした。

A「ねぇ、私のこと嫌い?」

母「あなたは…もういいのよ。妹が頑張ってくれるから。」

A (私は、妹より下の存在なんだ。)

それ以外に考えられない。
私は必要ないんだ…!

彼女はそう思った。

謝って三十一回目 過去編 ※暴力表現ありです。→←謝って二十九回目



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.5/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
43人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 過去 , 裏切り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みゅーな(プロフ) - みゆなさん» え、めっちゃレス遅れた…うん、仕方ないな、ドンマイ (2017年12月11日 2時) (レス) id: 22bd4768bf (このIDを非表示/違反報告)
みゆな - ひどいよぉ… おそ松さん見れなかったああああああああああ 兄居るから見れんかった (2017年11月22日 0時) (レス) id: 878b32a765 (このIDを非表示/違反報告)
みゅーな(プロフ) - みゆなさん» お前、手当たり次第にコメント書くなwwだってこれ大分前のだし (2017年11月21日 22時) (レス) id: 22bd4768bf (このIDを非表示/違反報告)
みゆな - すげー前のこと書いてある((( あれ本気で頭痛かったんだね(( そろそろ受験のべんきょうするわ((( (2017年11月21日 20時) (レス) id: 878b32a765 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みゅーな | 作者ホームページ:http  
作成日時:2017年8月10日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。