占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:2,051 hit

第155話「鍵と重荷」 ページ15

暁が一人思考の旅路に着いた頃……虎を身に宿す少年、中島敦は油断しきった自身の想い人をちらりと見ると、彼女の分まで……目の前で寝台の上に静かに座っている金色夜叉を操るその人物……尾崎紅葉に対し、最大の警戒をする。

「……」

…重い沈黙がそこには居座る。
数秒の筈が、何時間にも引き延ばされでもしたように、敦には途轍もなく長く感じられた。

「……鍵なら、姐様の頭の中と…私だよ。」

その沈黙を破ったのは、常に微笑んでいる少女……暁であった。

「……太宰の掛ける鍵は目に見えんでのう。私と云え、愛らしい少女を命令でも無いのに殺すのは好きでは無いからの。……で?何用じゃ、童。私を消しに来たか?」

少女の言葉を聞くと、少し肩の力が抜けたらしい尾崎は目を伏せると、湯飲みを口元まで持ってくると茶を飲みながらそう問いかけた。
暁は少し呆れたように肩を竦めると、「真逆。」と云う。

「太宰さんが姐様の価値を見誤る訳が有りません。理由は他に有ると見るべきです。……間違ってる、敦くん?」

そう云うなり、暁は敦に少し微笑みかける。
微笑みかけられた敦はというと……

「……」
「何じゃ、詰まらんの。図星か。」

俯いていた。
そんな敦を見た尾崎は、自身の言葉通り詰まらなそうな顔をする。

「……違う。僕は、ただ皆を守ろうと……!」

追い込まれたように拳を握るとそう云った少年を、女は軽蔑したように見詰め……その背後では、少女が心配そうに……気を掛ける様に、見ていた。

第156話「少女の怒り」→←第154話「金色夜叉と女王と虎」夢主



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 中島敦 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:業猫 | 作成日時:2019年9月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。